【動画】浅田真央、六本木の屋外でスケート披露…国内では初めての環境に「新鮮な気分」

1月7日から3月3日まで、東京ミッドタウンにて「MIDTOWN ICE RINK in Roppongi」が開催される。このイベントは、六本木の屋外に設置されたアイスリンクで、誰でも気軽にスケートを楽しめるというもの。

開催初日の1月7日にはオープニングセレモニーが行われ、浅田真央さんや無良崇人さんらが参加した。

都内の屋外スケートリンクとしては最大級

同施設は都内の屋外スケートリンクとしては最大級。かつ、本物の氷の上でスケートを楽しむことができるイベントとなっている。

イベントは今回で10回目の開催。スケート靴を履いたまま利用可能な暖房完備の休憩エリアや、気軽にスケートを体験できるワンコインレッスンなどのサービスも提供される。

セレモニーでは、浅田真央さんや無良崇人さんら「浅田真央サンクスツアー」のメンバー8名がパフォーマンスを披露してくれた。

 

お買い物ついでにスケートリングに

都会の六本木で、お買い物ついでにスケートリンクに寄れる。スケートでしか味わえない感覚があるので、滑ってみると楽しいですよ」と浅田さんは施設の魅力を語った。

「天井がない」

浅田さんは、日本において、屋外リンクで滑るのは初めて。

天井がないので、いつもと違ってすごく新鮮な気持ちで滑ることができました。こんな大都会で滑ることができてよかったです。東京タワーも滑っている途中に見えたりするし。私たちがいつも練習しているような本格的な氷だったのでとても滑りやすかったです」と感想を明かした。

去年、世界で一番アイスショーで滑っていた人物?

昨年を振り返り「70~80公演くらいやったことになるのかなぁ」と語る無良さん。

そんな無良さんを浅田さんが「去年、世界で一番アイスショーで滑っていたと思います」と評価するシーンもあった。

今年の抱負は?

浅田さんは今年の抱負について「いま(アイスショーが)予定されている12月まで、最後まで怪我なく滑り切ること」とコメント。

無良さんは「どの方にも見にきてもらって感動してもらえる演技を目指していく」と語った。

《写真・文=大日方航》

《関連記事》

紀平梨花、顔と筋肉のギャップが話題に「可憐に見えて実は腹筋バキバキ」