Advertisement

【日経新春杯/データ攻略】人気一角に「連対率80%」の追い風 国際GI馬にも該当した好条件

 

【日経新春杯/データ攻略】人気一角に「連対率80%」の追い風 国際GI馬にも該当した好条件

今週は中京競馬場でハンデ重賞・日経新春杯(芝2200m)が行われる。一昨年は13人気ミスマンマミーア、昨年は9人気ヤシャマルがそれぞれ激走。京都で施行されていた時代から波乱傾向が強く、穴狙いが捗るレースコースと言えそうだ。

過去10年のデータ分析から浮かび上がったキーワードをもとに出走馬を分析していく。ここでは「プラスデータ」としてヴェルトライゼンデを取り上げる。

◆【日経新春杯2023予想/追い切り診断】4歳馬の一角に辛口「B」評価 「絞りづらい厳寒期の難しさか」

■左回りも【1.1.2.0】と安定

日本ダービー3着、ジャパンC3着の実績は間違いなくこのメンバーで最上位。それでも自身初となる斤量59キロを背負うことによる死角が生じてしまう1頭だが、今回お伝えしたいデータはこちら。

・前走牡馬混合GIで5着内【3.1.0.1】

サトノノブレス、ミッキーロケット、さらにはのちの国際GI馬グローリーヴェイズなどが該当。GI好走がありつつハンデ戦に出走できるレベルの斤量に収まっているということで、ほとんど大崩れがない。

ヴェルトライゼンデについて補足すると、左回りの成績は【1.1.2.0】。特筆すべきはこのなかに2度のGI3着と中京芝2200mの連対歴が含まれている点にある。酷量を加味しても軽くは扱えない1頭だ。

▼その他、データ攻略
◆【データ攻略】2つの「馬券内率100%」が後押し 「地力強化」で重賞初タイトルへ

◆【データ攻略】“変態的”パフォーマンスに警戒 「2.0.0.1」より注目すべき濃厚な中身

Advertisement


◆【データ攻略】特定条件の馬券内率は100% 波乱演出の「激走馬2頭」にも該当

日経新春杯2023予想コラム一覧

▼騎手データ
◆【騎手データ】条件合致で“勝率6割超” アタマで強気に勝負できる名手とは

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】重ハンデ“お構いなし”の高評価 「出色の時計で万全の態勢」

◆【追い切り診断】ヴェルトライゼンデを上回る最高評価「S」 「ここへ来て本格化」

◆【追い切り診断】4歳馬の一角に辛口「B」評価 「絞りづらい厳寒期の難しさか」

◆【追い切り診断】4歳馬で最上位の「A」評価 「悩み解消でしっかりと攻め強化」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】馬券内で“万馬券”射程 「惨敗続きで人気落ちのここが狙い目」

Advertisement


◆【穴馬アナライズVol.2】単勝オッズ“2桁”確定 「待ってましたの好走条件で急浮上」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定“10人気”前後の伏兵 「ドンピシャ条件でハマる可能性は大」

◆【危険な人気馬】人気の古豪は“消し” 「馬券内率わずか10%の過酷条件」

▼血統傾向
◆【血統傾向】同条件で馬券内率6割の“軸”候補 「3.2.1.4」を誇る1月の非根幹距離

◆【血統傾向】距離短縮で単回収値「999」に上昇 「このコースでは無視できない配合」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】ヴェローナシチー川田は昨年Vと同じ5枠 ヴェルトライゼンデは「外差し」中京で試練の2枠

◆【前走ローテ】GI組のヴェルトライゼンデは“消し” 馬券内率5割超えに警戒

◆【脚質傾向】最多5勝の「差し」が有利 狙いは中京芝レース“上がり最速”実績

◆【動画プレーバック/日経新春杯2022】1人気ステラヴェローチェを外からヨーホーレイクが最速の上がりで差し切り重賞初制覇

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「2023日経新春杯-注目馬5頭編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。