Advertisement

【日経新春杯/追い切り診断】ヴェルトライゼンデを上回る最高評価「S」 「ここへ来て本格化」

 

【日経新春杯/追い切り診断】ヴェルトライゼンデを上回る最高評価「S」 「ここへ来て本格化」

■ロバートソンキー

【中間調整】3歳の秋に神戸新聞杯でコントレイルへ0秒3差まで迫る3着好走がある。その後は成長を優先して休み休み走り続け、昨年9月のオールカマーがオープンへの昇級初戦。スタートで後手を踏むも、直線で鋭い脚を使ってジェラルディーナに0秒2差の2着とさっそく重賞でメドの立つ走りを見せた。その後は秋のGIへ進まず、成長と休養を重視し放牧に。12月16日に美浦へ戻り、日経新春杯とAJCCの両にらみで調整が続いていた。中間初時計だった18日の坂路追いでラスト2F13秒2-13秒1(馬なり)とさっそく軽快に動き、以降順調に時計を短縮。年明け1月4日の1週前追いでは序盤から集中して僚馬を追走し、手応え圧倒のまま併入とした。

◆【日経新春杯2023予想/血統傾向】同条件で馬券内率6割の“軸”候補 「3.2.1.4」を誇る1月の非根幹距離

【最終追い切り】不動の主戦・伊藤工真騎手を背に坂路で併せ馬。序盤はいい落ち着きを保って相手に取り付くと、手応え優勢で終いの追い比べを制し、半馬身の先着を果たしている。

【見解】3歳当時から迫力ある末脚は重賞級と言えたが、オーナーの理解のもと無理せず休養を効果的に取って成長を促進。その成果がここへ来ての本格化に現れているようだ。今回も秋の大舞台に無理して使わず、じっくり休養を取ったことでリフレッシュして抜群の雰囲気。以前見せたトボけるような雰囲気もなく、走りへのモチベーションはかなり高そうだ。今週は鞍上とピタッと折り合えており、終いの脚も豪快なところを見せた。文句なしの好仕上がり。

総合評価「S」

▼その他、追い切り診断
◆【追い切り診断】重ハンデ“お構いなし”の高評価 「出色の時計で万全の態勢」

◆【追い切り診断】4歳馬の一角に辛口「B」評価 「絞りづらい厳寒期の難しさか」

◆【追い切り診断】4歳馬で最上位の「A」評価 「悩み解消でしっかりと攻め強化」

日経新春杯2023予想コラム一覧

▼騎手データ
◆【騎手データ】条件合致で“勝率6割超” アタマで強気に勝負できる名手とは

Advertisement


▼データ攻略
◆【データ攻略】2つの「馬券内率100%」が後押し 「地力強化」で重賞初タイトルへ

◆【データ攻略】人気一角に「連対率80%」の追い風 国際GI馬にも該当した好条件

◆【データ攻略】“変態的”パフォーマンスに警戒 「2.0.0.1」より注目すべき濃厚な中身

◆【データ攻略】特定条件の馬券内率は100% 波乱演出の「激走馬2頭」にも該当

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】馬券内で“万馬券”射程 「惨敗続きで人気落ちのここが狙い目」

◆【穴馬アナライズVol.2】単勝オッズ“2桁”確定 「待ってましたの好走条件で急浮上」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定“10人気”前後の伏兵 「ドンピシャ条件でハマる可能性は大」

Advertisement


◆【危険な人気馬】人気の古豪は“消し” 「馬券内率わずか10%の過酷条件」

▼血統傾向
◆【血統傾向】同条件で馬券内率6割の“軸”候補 「3.2.1.4」を誇る1月の非根幹距離

◆【血統傾向】距離短縮で単回収値「999」に上昇 「このコースでは無視できない配合」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】ヴェローナシチー川田は昨年Vと同じ5枠 ヴェルトライゼンデは「外差し」中京で試練の2枠

◆【前走ローテ】GI組のヴェルトライゼンデは“消し” 馬券内率5割超えに警戒

◆【脚質傾向】最多5勝の「差し」が有利 狙いは中京芝レース“上がり最速”実績

◆【動画プレーバック/日経新春杯2022】1人気ステラヴェローチェを外からヨーホーレイクが最速の上がりで差し切り重賞初制覇

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。