Advertisement

【日経新春杯/穴ライズ】馬券内で“万馬券”射程 「惨敗続きで人気落ちのここが狙い目」

 

【日経新春杯/穴ライズ】馬券内で“万馬券”射程 「惨敗続きで人気落ちのここが狙い目」

■ダンディズム

最後方から進めた前走の中日新聞杯は、馬群をうまく縫って上がり2位の末脚で猛追するも、勝ち馬キラーアビリティから0秒6差の10着まで。前半の1000m通過が61秒9のスローペースでは、さすがに厳しかったようだ。ただ、敗れたとは言え、最後の決め手は見どころ十分。展開次第では重賞でも一発の可能性を秘めている。

◆【穴馬アナライズVol.2】単勝オッズ“2桁”確定 「待ってましたの好走条件で急浮上」

これまで23戦しているが、15頭立て以上のレースが【0.0.0.9】であるのに対して、14頭立て以下は【4.6.2.2】。出遅れ癖があり、スタートが安定しないため後方からの競馬を強いられがちだが、ロスなく進められる少頭数なら十分に見直せる。

2200mは【2.3.0.2】と連対率が一番高く、最も得意としている舞台。前走から1ハロンの距離延長は前進材料だろう。さらに、馬場が渋れば渋るほど良績を挙げており、週末の雨予報も歓迎のクチ。馬券内で万馬券が確定する超大穴馬だが、惨敗続きで人気落ちのここが狙い目と見た。

▶▷▷【15日15時30分〆切|参加特典「次週重賞」予想・買い目メルマガ配信】スポーツ・ゲーム・コミュニティ「SPREAD FANATY CLUB」でキミのヒーローをPICKせよ!(外部リンク)◁◁◀

▼その他、穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.3】想定“10人気”前後の伏兵 「ドンピシャ条件でハマる可能性は大」

◆【危険な人気馬】人気の古豪は“消し” 「馬券内率わずか10%の過酷条件」

日経新春杯2023予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】重ハンデ“お構いなし”の高評価 「出色の時計で万全の態勢」

◆【追い切り診断】ヴェルトライゼンデを上回る最高評価「S」 「ここへ来て本格化」

Advertisement


◆【追い切り診断】4歳馬の一角に辛口「B」評価 「絞りづらい厳寒期の難しさか」

◆【追い切り診断】4歳馬で最上位の「A」評価 「悩み解消でしっかりと攻め強化」

▼データ攻略
◆【データ攻略】2つの「馬券内率100%」が後押し 「地力強化」で重賞初タイトルへ

◆【データ攻略】人気一角に「連対率80%」の追い風 国際GI馬にも該当した好条件

◆【データ攻略】“変態的”パフォーマンスに警戒 「2.0.0.1」より注目すべき濃厚な中身

◆【データ攻略】特定条件の馬券内率は100% 波乱演出の「激走馬2頭」にも該当

▼騎手データ
◆【騎手データ】条件合致で“勝率6割超” アタマで強気に勝負できる名手とは

Advertisement


▼血統傾向
◆【血統傾向】同条件で馬券内率6割の“軸”候補 「3.2.1.4」を誇る1月の非根幹距離

◆【血統傾向】距離短縮で単回収値「999」に上昇 「このコースでは無視できない配合」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】ヴェローナシチー川田は昨年Vと同じ5枠 ヴェルトライゼンデは「外差し」中京で試練の2枠

◆【前走ローテ】GI組のヴェルトライゼンデは“消し” 馬券内率5割超えに警戒

◆【脚質傾向】最多5勝の「差し」が有利 狙いは中京芝レース“上がり最速”実績

◆【動画プレーバック/日経新春杯2022】1人気ステラヴェローチェを外からヨーホーレイクが最速の上がりで差し切り重賞初制覇

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。