Advertisement

【海外サッカー】メッシ、ロナウドに続くサウジ巨額オファーは「存在しない」 スペイン人記者はPSG残留を主張「大きな目標がある」

 

【海外サッカー】メッシ、ロナウドに続くサウジ巨額オファーは「存在しない」 スペイン人記者はPSG残留を主張「大きな目標がある」
パリ・サンジェルマンのリオネル・メッシ(C) Getty Images

パリ・サンジェルマンに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに、サウジアラビア1部のアル・ヒラルからのオファーが伝えられた。しかし、スペイン人記者がその噂を否定している。

◆【海外サッカー】夢の対決再び『メッシ vs. クリスティアーノ・ロナウド』がサウジで実現へ PSGが1月中東遠征を発表

■カタールW杯で優勝に導く

英放送局『BBC』によると、35歳のメッシに対してアル・ヒラルが2億4500万ポンド(約380億円)というビッグオファーを送ったと伝えられた。この件に対してスペイン人ジャーナリストのギジェム・バラゲ氏は、「(アル・ヒラルからの)オファーは存在しなかった」と否定している。

メッシのPSGとの契約は今年の夏までとなっているが、バラゲ氏は「PSGとメッシは数週間以内に話し合いの時間を設け、パリに留まるための手続きを完了させるだろう」と語り、来シーズン以降もメッシはフランスでのプレーを続ける見通しを立てている。

メッシはカタール・ワールドカップでアルゼンチンを牽引すると、母国を36年ぶりの優勝に導き、自身2度目となる大会MVPを受賞した。

バラゲ氏は、メッシがいまだにモチベーションを失ってないとみており、「彼はバロンドールの大本命。まだチャンピオンズ・リーグもあるし、W杯後も大きな目標がある」と欧州でのキャリアを続行すると言及している。

長年のライバルとされたクリスティアーノ・ロナウドはアル・ナスルと契約を結んだが、メッシの将来はPSGでのプレーにあるようだ。

◆【カタールW杯】クリスティアーノ・ロナウド、W杯のワーストイレブンに MVPメッシと残酷過ぎる明暗

◆【海外サッカー】「アジアで新しい挑戦をする時が来た」クリスティアーノ・ロナウド、アル・ナスル入団会見で意欲

Advertisement


◆【海外サッカー】メッシ、ロナウド、ムバッペ ペレとの2S公開し追悼「その記憶はサッカーを愛するすべての人に残る」

文●SPREAD編集部