Advertisement

【根岸S/前走ローテ】馬券の中心は“武蔵野S”組も、前走フタ桁着順に巻き返しの予感

29日に東京競馬場で行われる第37回・根岸S(GIII、ダ1400m)の過去10年データを紹介する。

前走の武蔵野Sでハナ差2着に敗れたがデビューから9戦連続連対中のレモンポップ、その武蔵野Sを制したギルデッドミラー、昨年の覇者で連覇の期待がかかるテイエムサウスダン、前走のJBCスプリントで3着と好走したヘリオスなどが出走予定となった。

ここでは予想のヒントとなる「前走ローテ」を紹介する。

◆【根岸ステークス2023予想/穴馬アナライズVol.2】前日オッズ“50倍”前後の伏兵 「久々の千四が吉と出る可能性」

Advertisement

■武蔵野Sは4着以内

過去10年、最多3勝を挙げているのが前走・武蔵野S組だ。過去には、2015年に15番人気のアドマイヤロイヤルが3着、21年のワンダーリーデルが10番人気ながら2着と、下位人気馬の好走例も。また、過去に連対した4頭すべてが武蔵野Sで4着以内だっただけに、今年、当ローテで1着のギルデッドミラーと2着のレモンポップには追い風となる。

[根岸ステークス]過去10年の前走ローテ

Advertisement

武蔵野S 【3.1.1.6】 勝率27.3%、連対率36.4%、複勝率45.5%
カペラS 【2.2.1.21】 勝率7.7%、連対率15.4%、複勝率19.2%
チャンピオンズC 【2.1.3.8】 勝率14.3%、連対率21.4%、複勝率42.9%
ギャラクシーS 【1.2.1.10】 勝率7.1%、連対率21.4%、複勝率28.6%
兵庫GT 【1.0.1.16】 勝率・連対率5.6%、複勝率11.1%
マイルCS 【1.0.0.0】 勝率・連対率・複勝率100%

次点ではカペラS組とチャンピオンズC組が2勝で並ぶ。まず前走・カペラS組は2019年から掲示板を外しておらず、前走4着以下での好走例がない。今年出走予定の6着ジャスパープリンスと13着エアアルマスには、厳しいデータとなった。また前走・チャンピオンズC組もフタ桁着順では【0.0.0.4】と好走例はなく、今年該当する10着のタガノビューティーの巻き返しは厳しい。

Advertisement

◆【根岸ステークス2023予想/データ攻略】想定“8人気”前後に「3.2.1.0」の期待度 前走2桁着順からの巻き返し材料

■クラス別でも条件次第

過去10年をクラス別に見ると、前走・オープン特別組は【1.5.4.50】と低迷。ただし、馬券に絡んだのは全て前走で馬券内だっただけに、セキフウデンコウリジエールバトルクライらが上位争いに加わっても驚けない。

前走、重賞・GI組は昨年こそ馬券圏内を逃したものの、それまで8年連続で1着だった。また前走・GI組に限れば、9着以内に入った場合のみ【2.1.3.7】複勝率46.2%と好走を予感させるだけに、今回該当するテイエムサウスダンヘリオスには追い風となる。唯一、前走フタ桁着順から馬券(1着)に絡んだのは、2020年に優勝したモズアスコットで前走が芝のマイルCS14着だっただけに、今年、同ローテで15着だったホウオウアマゾンは、データ上化ける可能性も秘めており警戒が必要か。

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】レモンポップが入った7枠は勝率0%の鬼門 注目は「3枠の三浦皇成」

◆【脚質傾向】4連勝中の「差し」が有利も ペース傾向から警戒すべき“伏兵”とは

◆【動画プレーバック/根岸ステークス2022】6人気テイエムサウスダンが中団から直線で脚を伸ばしJRA重賞初制覇

根岸ステークス2023予想コラム一覧

▼騎手データ
◆【騎手データ】断然人気のレモンポップ戸崎に“黄”信号 ベテランに「穴の資格」あり

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】重賞馬を上回る「S」の最高評価 「ここが本線と思えるほどのデキ」

◆【追い切り診断】実績上位馬は辛口評価「B」 「本番までにどこまで変わってくるか…」

◆【追い切り診断】GI善戦馬を上回る「A」の高評価 「ここぞで弾けられそうな雰囲気」

◆【追い切り診断】想定“12人気”前後の爆穴を猛プッシュ 「過去最高レベルの内容」

▼データ攻略
◆【データ攻略】重賞未勝利も「4.0.0.0」の“鉄板”ローテ 同条件で際立つ盤石のレースぶり

◆【データ攻略】超新星を「馬券内率75%」が後押し GI出走へ向けて陣営も本気仕上げ

◆【データ攻略】想定“8人気”前後に「3.2.1.0」の期待度 前走2桁着順からの巻き返し材料

◆【データ攻略】前走GI組に該当する「馬券内率100%」条件 メンバー随一の“適性”で浮上

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝オッズ“2桁”の盲点 「この馬に食指が動かされるのは当然」

◆【穴馬アナライズVol.2】前日オッズ“50倍”前後の伏兵 「久々の千四が吉と出る可能性」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定“8人気”前後の刺客 「展開面を考えれば一発ズドンもある」

◆【危険な人気馬】重賞未勝利の上がり馬は“消し”評価 「中3週以内での勝ち星なし」

▼血統傾向
◆【血統傾向】人気落ちの実績馬へ後押しなるか 馬券内率“6割超”の条件とは

◆【血統傾向】上がり馬が波乱の使者候補 勝利5割を誇る単回収値「356」に合致

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします