Advertisement

【根岸S/枠順】レモンポップが入った7枠は勝率0%の鬼門 注目は「3枠の三浦皇成」

 

【根岸S/枠順】レモンポップが入った7枠は勝率0%の鬼門 注目は「3枠の三浦皇成」

第37回根岸S(GIII、ダ1400m)の枠順が27日、JRAより発表された。

デビューから9戦連続連対中のレモンポップは7枠13番、前走・武蔵野Sを制したギルデッドミラーは3枠6番、連覇の期待がかかるテイエムサウスダンは4枠8番、前走のJBCスプリントで3着と好走したヘリオスは1枠2番に入った。

ここでは過去10年データから、予想のヒントになる「枠順傾向」を分析していく。

◆【根岸ステークス2023予想/追い切り診断】重賞馬を上回る「S」の最高評価 「ここが本線と思えるほどのデキ」

■勝ち星がない1枠に注目

レモンポップバトルクライが入った7枠は【0.1.3.16】勝率0.0%、連対率5.0%、複勝率20.0%と勝てていない。ただし、過去10年で1番人気は2014年のブライトラインがクビ差4着、2番人気は2015年のワイドバッハが2着と上位人気がこの2頭のみとなっている。

[根岸ステークス]過去10年の枠順傾向

上位人気が予想されるギルデッドミラーが入った3枠は【2.3.1.14】勝率10.0%、連対率25.0%、複勝率30.0%。昨年は、3番人気のオメガレインボーが5着に敗れたが、2021年の2番人気タイムフライヤーが3着、20年の1番人気コパノキッキングが2着と2年連続して馬券に絡んでいた。ここで注目したいのは、同馬に騎乗する三浦皇成騎手だ。同騎手は、3枠から1番人気エアハリファを1着に導いた2015年を含め過去3枠で4回出走し、すべて人気以上の着順と相性がいい。

また、【0.2.3.14】と勝ち星がない1枠ヘリオスが入った。ただ、馬券に絡んだのが2021年の10番人気ワンダーリーデルが2着、19年の5番人気クインズサターンが3着、16年の10番人気グレープブランデーが3着のようにと2、3着止まりながら警戒すべき好枠と言える。

◆【根岸ステークス2023予想/騎手データ】断然人気のレモンポップ戸崎に“黄”信号 ベテランに「穴の資格」あり

Advertisement


◆【根岸ステークス2023予想/穴馬アナライズVol.3】想定“8人気”前後の刺客 「展開面を考えれば一発ズドンもある」

◆【根岸ステークス2023予想/データ攻略】重賞未勝利も「4.0.0.0」の“鉄板”ローテ 同条件で際立つ盤石のレースぶり

文●SPREAD編集部