Advertisement

【根岸S/追い切り診断】実績上位馬は辛口評価「B」 「本番までにどこまで変わってくるか…」

 

【根岸S/追い切り診断】実績上位馬は辛口評価「B」 「本番までにどこまで変わってくるか…」

■テイエムサウスダン

【中間調整】昨年このレースを制したディフェンディングチャンピオンだ。その後はフェブラリーSで2着、かしわ記念で3着などGI級で好走を続けた。昨秋からは美浦の蛯名正義厩舎に転厩し、東京盃(大井)で2着、JBCスプリント(盛岡)で7着という成績。今回は昨年2月フェブラリーS以来の中央レース出走となる。早い段階で昨年同様となる<根岸S⇒フェブラリーS>という青写真は描かれていたようで、12月半ばに牧場から美浦へ戻り調整が続けられている。年明けから調教のペースが強められ、併せ馬も開始。1週前追いには蛯名師が騎乗し、坂路で併せ馬。3歳未勝利に手応えで見劣ったものの、時計は上々の4F51秒5-1F12秒2(一杯)をマークしている。

◆【根岸ステークス2023予想/騎手データ】断然人気のレモンポップ戸崎に“黄”信号 ベテランに「穴の資格」あり

【最終追い切り】最終追いにも蛯名師が騎乗し坂路で併せ馬。この日も3歳未勝利に手応えで見劣ってしまったが、力強く伸びて追走併入としている。

【見解】早くからここからの復帰一本に絞り、乗り込み量は十二分。脚元や体調になんら問題は感じられないが、3週続けて同じ3歳未勝利馬に手応えで見劣っており、体全体も若干太く見せる。昨年は中4週とタイトな間隔で臨んでいたが、今年は中11週。超大型馬だけにこの点は気になるところ。指揮官が懸命に負荷を掛けた調整で、本番までにどこまで変わってくるかだろう。

総合評価「B」

▼その他、追い切り診断
◆【追い切り診断】重賞馬を上回る「S」の最高評価 「ここが本線と思えるほどのデキ」

◆【追い切り診断】GI善戦馬を上回る「A」の高評価 「ここぞで弾けられそうな雰囲気」

◆【追い切り診断】想定“12人気”前後の爆穴を猛プッシュ 「過去最高レベルの内容」

根岸ステークス2023予想コラム一覧

▼騎手データ
◆【騎手データ】断然人気のレモンポップ戸崎に“黄”信号 ベテランに「穴の資格」あり

Advertisement


▼データ攻略
◆【データ攻略】重賞未勝利も「4.0.0.0」の“鉄板”ローテ 同条件で際立つ盤石のレースぶり

◆【データ攻略】超新星を「馬券内率75%」が後押し GI出走へ向けて陣営も本気仕上げ

◆【データ攻略】想定“8人気”前後に「3.2.1.0」の期待度 前走2桁着順からの巻き返し材料

◆【データ攻略】前走GI組に該当する「馬券内率100%」条件 メンバー随一の“適性”で浮上

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝オッズ“2桁”の盲点 「この馬に食指が動かされるのは当然」

◆【穴馬アナライズVol.2】前日オッズ“50倍”前後の伏兵 「久々の千四が吉と出る可能性」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定“8人気”前後の刺客 「展開面を考えれば一発ズドンもある」

Advertisement


◆【危険な人気馬】重賞未勝利の上がり馬は“消し”評価 「中3週以内での勝ち星なし」

▼血統傾向
◆【血統傾向】人気落ちの実績馬へ後押しなるか 馬券内率“6割超”の条件とは

◆【血統傾向】上がり馬が波乱の使者候補 勝利5割を誇る単回収値「356」に合致

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】レモンポップが入った7枠は勝率0%の鬼門 注目は「3枠の三浦皇成」

◆【前走ローテ】馬券の中心は“武蔵野S”組も、前走フタ桁着順に巻き返しの予感

◆【脚質傾向】4連勝中の「差し」が有利も ペース傾向から警戒すべき“伏兵”とは

◆【動画プレーバック/根岸ステークス2022】6人気テイエムサウスダンが中団から直線で脚を伸ばしJRA重賞初制覇

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。