ミロシュ・ラオニッチ、引退を発表したアンディ・マレーへの思いを綴る

男子プロテニスのミロシュ・ラオニッチ選手が1月11日にインスタグラムを更新。

同日に会見を行い引退を発表した男子プロテニスの「BIG4」アンディ・マレー選手との2ショットを掲載し、自身の思いを綴った。

ラオニッチ選手が投稿した2ショットは、2016年のウィンブルドン決勝で撮影されたもののようだ。なお、この試合ではマレー選手がラオニッチ選手を2-0で下している。

ラオニッチ選手は「Much admiration for this man’s achievements and successes. (マレーの数々の実績と成功に最大限の敬意を表する)」と、4大大会3回制覇、史上初のオリンピック2連覇などの偉業を達成してきた名プレイヤーへの称賛のコメントを掲載。

加えて「I hope he is able to find joy and comfort through these last few months(残り数か月を楽しく快適に過ごせることを祈っている)」と、右臀部に故障を抱えているマレー選手を気遣うコメントも寄せている。

マレー選手の投稿に対しては、世界のテニスファンがコメントを寄せていた。

  • Good luck to both of you(2人の幸運を祈る)
  • I cry(涙が出る…)
  • Gonna miss seeing Andy on the Tour(アンディをツアーで見れなくなるのは悲しいな)
  • Well said! Wishing you both the best(よく言ってくれた。2人がベストを尽くせることを祈るよ)

1月11日、記者会見を行い引退を発表したアンディ・マレー

男子プロテニス・2019シーズン最初のグランドスラムである全豪オープン。14日の開幕を3日後に控えた11日、偉大なプレイヤーであるマレー選手は引退を発表した。

 

View this post on Instagram

 

“I spoke to my team and I told them I can’t keep doing this. I needed to have an end point…” – @andymurray

Australian Openさん(@australianopen)がシェアした投稿 –

「I spoke to my team and I told them I can’t keep doing this. I needed to have an end point…(私のチームに「これ以上はできない。ピリオドを打つべきだった」と話した)」と涙を見せながらコメント。

昨年11月には「#tokyo2020」とハッシュタグをつけ「Never grow up(成長し続ける)」とコメントを添えて精力的にトレーニングを行う様子を投稿していたが、競技への完全復帰は難しかったようだ。

 

View this post on Instagram

 

Never grow up🙂 Apologies for the language at the end 🤐 #tokyo2020

Andy Murrayさん(@andymurray)がシェアした投稿 –

なお、現時点ではマレー選手の具体的な引退時期については明らかとなっておらず、14日開催の全豪オープン限りでの引退の可能性もあるとされている。

≪関連記事≫

フェデラーとナダルが2ショット投稿で「最強ダブルス」再結成を予告!!

全米オープン覇者・ジョコビッチが強すぎると話題に…「ジョコビッチ強すぎてつまらん」

選手生命の危機から9年ぶりの全米決勝、デル・ポトロのテニス人生が映画並みにドラマチック

若い世代に期待しつつ、自分の限界にも挑戦…2020年の引退を決めた田中佑典の決意

無良崇人が、フィギュアスケート選手を引退したからこそ気づけたこと

コメントを残す