Advertisement

【WBC】栗山ジャパン史上最強打線は大爆発の予感  過去4大会と徹底比較<後編>

【WBC】栗山ジャパン史上最強打線は大爆発の予感  過去4大会と徹底比較<後編>
「侍ジャパン」入りしたセントルイス・カージナルスのラーズ・ヌートバー(C)Getty Images

野球の世界一決定戦、「2023 WORLD BASEBALL CLASSIC」(WBCワールドベースボールクラシック)が3月8日に開幕する。6年ぶりの大舞台へ向け、“二刀流”大谷翔平を筆頭に、栗山英樹監督の下で「史上最強」との呼び声高い錚々たるメンバーが集結しそうだ。1月26日には正式メンバー30人が発表され、いよいよ世界舞台へ向けて盛り上がってきた。決戦を前に、改めて過去の大会の打撃成績を振り返り、今大会の打線と比較。今回はその後編。

◆栗山ジャパン史上最強打線は大爆発の予感  過去4大会と徹底比較<前編>

■第3回  積極走塁で勝ち上がるも、最後は重盗失敗で力負け

2013年第3回WBC日本代表メンバー<野手陣>

過去2大会と異なり、メジャー組の出場が叶わなかった大会。第1ラウンドから苦戦が続いた中、第2ラウンドでは鳥谷の盗塁、井端の同点打などで準決勝に進出。

Advertisement

だが、プエルトリコを相手に

1番二塁・鳥谷敬
2番DH・井端弘和
3番右翼・内川聖一
4番捕手・阿部慎之助
5番遊撃・坂本勇人
6番中堅・糸井嘉男
7番左翼・中田翔
8番一塁・稲葉篤紀
9番三塁・松田宣浩

のオーダーで挑んだが、計6安打で1得点に抑え込まれて1対3で敗れた。

Advertisement

中田翔 (c)Getty Images

大会を通してのチーム打率は.279と前回大会からやや低下。本塁打数は8本と前回大会から倍増したが、最後は消化不良のまま大会を去ることになった。その準決勝の勝敗を分けたプレーに「重盗失敗」というミスはあったが、異なる見方をすれば「足」にこだわり過ぎた、「足」に頼るしかなかったとも言える。振り返ってみても、打線として迫力を欠いたことは明らかだった。

■第4回 パワーの差感じさせられた決勝リーグ

2017年第4回WBC日本代表メンバー<野手陣>

Advertisement

周到な準備をして大会に臨んだ小久保ジャパン。1次ラウンドでは初戦のキューバ戦を14安打11得点で打ち勝つなど、3試合で計30安打22得点と打線が爆発。続く2次ラウンドでも、打線は3試合で37安打24得点と好調を維持。この時点で6試合10本塁打をマークして「スモール・ベースボール」からの完全脱却を印象付けた。しかし、迎えた準決勝・アメリカ戦では、2016年シーズンに16勝を挙げたワシントン・ナショナルズ(当時)のタナー・ロアーク以下、メジャーの一線級の投手陣の投じるボールに力負け。菊池のソロ本塁打の1点のみで、計4安打1得点で敗れた。

その準決勝のオーダーは;

1番DH・山田哲人
2番二塁・菊池涼介
3番右翼・青木宣親
4番左翼・筒香嘉智
5番一塁・中田翔
6番遊撃・坂本勇人
7番三塁・松田宣浩
8番中堅・秋山翔吾
9番捕手・小林誠司

というもの。

WBCでも活躍した坂本勇人 (c)Getty Images

調子の上がらなかった青木が2四球を選んで後続に繋いだが、筒香、中田の和製大砲2人が沈黙。大会を通して、坂本が打率.417と能力の高さを見せ、小林が打率.450とラッキーボーイとなっていたが、勝負どころで1本が出なかった。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします