Advertisement

【東京新聞杯/危険な人気馬】GI好走馬は“消し”評価 「末脚不発の可能性大」

 

【東京新聞杯/危険な人気馬】GI好走馬は“消し”評価 「末脚不発の可能性大」

第73回東京新聞杯(GIII、芝1600m)は、オークス3着、秋華賞2着のナミュール、桜花賞5着、オークス4着のピンハイ、オークス5着のプレサージュリフトといった、4歳牝馬のトップクラスが集結。牡馬勢では、京成杯AH覇者のファルコニアや、関屋記念を制したウインカーネリアンなどマイル巧者が参戦し、春のGI戦線へ向けて、重要な戦いが展開されそうだ。

そんな中、マイルCS最先着のジャスティンカフェが、今回の「危険な人気馬」の標的となる。

◆【京都記念2023/前走ローテ】有馬記念組が巻き返す 年明け重賞組は不振の傾向

◆【京都記念2023/脚質傾向】ドウデュースよりエフフォーリア、展開・馬場不問で「前」有利

■スロー前残り、冬の府中では真価を発揮できない

先週から始まった冬の東京開催。芝のレースは土日合わせて10鞍行われたが、10レース中9レースがスローペースで争われ、残り1鞍もミドルペース。そして、勝ち馬は10頭中9頭が逃げ・先行タイプが占め、極端なスロー・前残りの傾向となった。

例年、開催2週目に行われる東京新聞杯も、前残りの決着が多く、ペースが速くなった昨年こそ、勝ったイルーシヴパンサーをはじめ、差し・追込勢が上位を独占したが、過去10年の勝ち馬10頭中9頭は、4コーナー10番手以内と、前めにつけられる馬が上位を占める傾向にあり、先週の芝のレースの傾向を踏まえると、今週も引き続き、同様のレース展開が予想されそうだ。

ジャスティンカフェは、重賞こそ未勝利だが、昨年はエプソムC4着、毎日王冠2着と、どちらも0秒1差と差のない敗戦。前走マイルCSも勝ち馬から0秒4差の6着と、歴戦のマイル巧者を相手に、トップレベルの走りを披露し、相手関係が楽になるここなら、高い支持を集めそうだ。

しかし、デビュー当初や条件戦を走っていたころは、先行・中団と、前めにつけてレースを進めていたが、重賞を戦うようになってから、特に近5走中4走は10番手以下からと、極端な後方待機策が目に付く。ここにきて、前に行けなくなってきている点が、今回の東京新聞杯ではマイナス材料だ。大敗したアーリントンC以外、デビューからすべて上がり3ハロン3位以内の末脚は魅力的だが、前残りのスローペースで、後方から脚を余すパターンになりそうな気がしてならない。

また、前走マイルCS組は過去10年で【1.0.1.11】と、意外に相性が悪い。2013年ドナウブルー(1人気10着)や、21年ヴァンドギャルド(1人気4着)など、人気に支持されて馬券圏内を外す馬が多く見受けられ、GI好走馬に即飛びつくことは避けたいところ。加えて、東京新聞杯過去10年の人気別成績は、1番人気が【1.1.2.6】、2番人気が【1.0.2.7】と、1~2番人気の信頼度はいまひとつ。これらを考えると、展開利や人気ほどの妙味は感じられず、ジャスティンカフェは思い切って「消し」でいきたい。

Advertisement


▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝“12人気”以下の盲点 「第3勢力の中では大差なし」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定オッズ“40倍”前後の伏兵 「不利の連続で見直し可」

◆【穴馬アナライズVol.3】前日“10人気”前後の刺客 「再浮上の余地は十分にある」

東京新聞杯2023予想コラム一覧

▼騎手データ
◆【騎手データ】人気の人馬に死角 「勝率6割強」の名手が前日“12人気”前後に騎乗

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】ジャスティンカフェを上回る最高評価「S」 「文句なしの仕上がり」

◆【追い切り診断】重賞初Vへ高評価「A」 「高い操縦性と、精神面の進境は◎」

◆【追い切り診断】坂路自己ベストも辛口「B」 「そこまでの成長が感じられない」

Advertisement


◆【追い切り診断】想定“12人気”以下の爆穴に大駆け警報 「素軽さ満点の動き」

▼データ攻略
◆【データ攻略】「2.3.1.0」馬券内率100%データに該当 同条件で“GI級”のパフォーマンス

◆【データ攻略】人気一角に「2.1.0.0」の追い風 条件替わりで“リベンジV”のチャンス到来

◆【データ攻略】「連対率100%」で期する捲土重来 善戦止まりが“得意ローテ”で一変

◆【データ攻略】想定“10人気”に「1.3.1.1」の追い風 5馬身差+上がり33秒台の破壊力

▼血統傾向
◆【血統傾向】単勝回収値「520」の条件に合致 想定“10人気”以上が再び波乱の使者に

◆【血統傾向】素質十分の4歳馬に妙味 勝率「6割超」に爆跳ねでアタマ候補

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】ナミュールの8枠は連対率0%の“鬼門” 単回収値「187」の4枠に警戒

◆【前走ローテ】マイルCS組に“黄”信号、中心は「3.0.1.1」のエリ女組2騎

◆【脚質傾向】上がり最速の末脚は不要、浮上する“好位差し”の注目馬

◆【動画プレーバック/東京新聞杯2022】4人気イルーシヴパンサーが大外から上がり最速の脚でマクリ4連勝で重賞初制覇

文●石川豊