Advertisement

【MLB】大谷翔平は「40本塁打40盗塁」クラブへの加入なるか 公式サイトが候補に挙げる

 

【MLB】大谷翔平は「40本塁打40盗塁」クラブへの加入なるか 公式サイトが候補に挙げる
エンゼルス・大谷翔平 (C) Getty Images

長い歴史を誇るメジャーリーグ・ベースボールにおいても、同一シーズンに40本塁打40盗塁を達成した選手は4人しかいない。MLB通ならおわかりになるはずだ。

◆大谷翔平に650億円を上回る“スポーツ界史上最高額”オファー か メッツの大富豪オーナーが獲得へ本気モードと米紙指摘

■20秒ルールで盗塁数激増か…

 
答えは1988年のホセ・カンセコ(オークランド・アスレチックス)、1996年のバリー・ボンズ(サンフランシスコ・ジャイアンツ)、98年のアレックス・ロドリゲス(シアトル・マリナーズ)、2006年のアルフォンソ・ソリアーノ(ワシントン・ナショナルズ)*。カンセコはもちろん史上初のW40達成者であり、ソリアーノは同じシーズンに二塁打も40本記録しており、こちらは史上初で唯一のトリプル40を達成している。

この記録、大谷翔平の二刀流同様、もともと前代未聞。カンセコが88年シーズン前に記者に目標を聞かれ「40本塁打40盗塁」と回答、当時は冷笑されたほど。カンセコはそれを有言実行した。メジャー通算462本塁打のスラッガーが30盗塁以上を記録したのは、このシーズンが最初で最後。

MLB史上最多762本塁打でシーズン73本塁打の記録保持者ボンズは俊足も持ち味。史上500本塁打500盗塁を達成している唯一の選手。デビュー以来、16年連続2桁盗塁、30盗塁以上は9度。ピッツバーグ・パイレーツ時代は俊足のイメージが強かった。しかし、それでもW40は一度きり。その難易度の高さが窺える。

ロドリゲスはそもそも5ツール・プレーヤーとしての呼び声が高く、696本塁打、329盗塁を残している。プロ野球選手として広島カープからデビューしたソリアーノは、412本塁打289盗塁。トリプル40とともに、30本塁打30盗塁を3度記録している。

MLBは走者を塁においた場面では、20秒以内に投球しなければならない新たなルールを今季から導入。公式サイトでは、これにより盗塁数が激増するのではないかという仮説を発表。それにともないW40クラブ加盟者も増えるのではないかと予想している。

同サイトではロナルド・アクーニャJr.(アトランタ・ブレーブス)を筆頭に9選手の名を挙げている。その候補には大谷もランクイン。公式サイトは「30本塁打以上を記録し2021年には26盗塁を決めている」とし、アクーニャなど5選手の次に大谷を挙げている。

ベーブ・ルース以来となる2桁勝利2桁本塁打を記録したばかりの大谷がW40クラブに名を連ねるとすると、まさにスーパーマン。公式サイトをしても、そんな期待を抱かせる大谷から、今季も目を離せない。

Advertisement


*所属はすべて記録達成時。

◆「大谷翔平の妻、カマラニ・ドゥンって誰…」 ハワイでは市議会から栄誉賞授与

◆【WBC】特集:“史上最強”侍ジャパンが世界一奪還へ 対戦カード・日程・放送予定・メンバー一覧

◆大谷翔平はエンゼルスを逃げ出すべきか… 球団売却中止の背景にオーナーの守銭奴根性と米紙報道

文●SPREAD編集部