Advertisement

【東京新聞杯/データ攻略】「連対率100%」で期する捲土重来 善戦止まりが“得意ローテ”で一変

 

【東京新聞杯/データ攻略】「連対率100%」で期する捲土重来 善戦止まりが“得意ローテ”で一変

今週は東京競馬場で東京新聞杯(芝1600m)が行われる。かつてはリスグラシューやインディチャンプといった馬がこのレースを制し、スター街道へと駆け上がった。春のマイルGI・安田記念やヴィクトリアマイルを占ううえでも見逃せないレースと言えるだろう。

過去10年のデータ分析から浮かび上がったキーワードをもとに出走馬を分析していく。ここでは「プラスデータ」としてピンハイを取り上げる。

◆【東京新聞杯2023予想/追い切り診断】坂路自己ベストも辛口「B」 「そこまでの成長が感じられない」

■休み明けローテとの相性は抜群

昨年春は桜花賞5着、オークス4着とクラシック戦線で健闘。ただ前走エリザベス女王杯は9着に敗れており、今回は久々のマイル戦への対応も鍵となるが巻き返しを期するうえで見逃せないデータは存在する。

・中2カ月以上の休み明け成績【1.1.0.0】

連対率は100%。新馬戦を休み明けとカウントすれば3戦2勝2着1回とさらに成績は補強される。前述のエリザベス女王杯は馬番フタ桁番の馬が上位を占めた特殊な馬場コンディション。その状況下で内めの枠を引いた影響は大きかったし、得意のローテーションで臨むここは侮れない。

▼その他、データ攻略
◆【データ攻略】「2.3.1.0」馬券内率100%データに該当 同条件で“GI級”のパフォーマンス

◆【データ攻略】人気一角に「2.1.0.0」の追い風 条件替わりで“リベンジV”のチャンス到来

◆【データ攻略】想定“10人気”に「1.3.1.1」の追い風 5馬身差+上がり33秒台の破壊力

Advertisement


東京新聞杯2023予想コラム一覧

▼騎手データ
◆【騎手データ】人気の人馬に死角 「勝率6割強」の名手が前日“12人気”前後に騎乗

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】ジャスティンカフェを上回る最高評価「S」 「文句なしの仕上がり」

◆【追い切り診断】重賞初Vへ高評価「A」 「高い操縦性と、精神面の進境は◎」

◆【追い切り診断】坂路自己ベストも辛口「B」 「そこまでの成長が感じられない」

◆【追い切り診断】想定“12人気”以下の爆穴に大駆け警報 「素軽さ満点の動き」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝“12人気”以下の盲点 「第3勢力の中では大差なし」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定オッズ“40倍”前後の伏兵 「不利の連続で見直し可」

Advertisement


◆【穴馬アナライズVol.3】前日“10人気”前後の刺客 「再浮上の余地は十分にある」

◆【危険な人気馬】GI好走馬は“消し”評価 「末脚不発の可能性大」

▼血統傾向
◆【血統傾向】単勝回収値「520」の条件に合致 想定“10人気”以上が再び波乱の使者に

◆【血統傾向】素質十分の4歳馬に妙味 勝率「6割超」に爆跳ねでアタマ候補

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】ナミュールの8枠は連対率0%の“鬼門” 単回収値「187」の4枠に警戒

◆【前走ローテ】マイルCS組に“黄”信号、中心は「3.0.1.1」のエリ女組2騎

◆【脚質傾向】上がり最速の末脚は不要、浮上する“好位差し”の注目馬

◆【動画プレーバック/東京新聞杯2022】4人気イルーシヴパンサーが大外から上がり最速の脚でマクリ4連勝で重賞初制覇

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「2023東京新聞杯-注目馬分析編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。