自主トレ中の近藤健介、毎晩恒例のUNO大会で盛り上がる…淺間大基のパジャマ姿に注目が集まる場面も

北海道日本ハムファイターズの近藤健介選手は、現在鹿児島県の徳之島で自主トレ中。この自主トレには、各球団からフレッシュな面々が合同で参加している。

日本ハムからは、若手の平沼翔太選手や淺間大基選手、2018年にエースとして活躍した上沢直之投手が参加。広島東洋カープからは西川龍馬選手が、福岡ソフトバンクホークスからは高橋礼投手が参加した。

開催地の徳之島にちなみ、自主トレチームの名前は「徳之島組」「TEAM徳之島」と呼ばれている。先日は自主トレメンバーの着用するTシャツが一般販売され、多くのファンが購入を希望する一幕もあった。

 

View this post on Instagram

 

僕らが着てる徳之島Tシャツが販売されるそうです‼️ よかったら是非購入してパジャマにでもしてください🤣

近藤 健介さん(@kensuke54.8)がシェアした投稿 –

そんなメンバーの中心・近藤選手が1月14日の夜にインスタグラムを更新。メンバーが部屋に集まってUNO大会に参加する姿を報告している。

近藤選手によると、UNO大会は「毎晩恒例」とのこと。また、「毎回何かしらの事件が起きる」ことも明かしている。

ファンは事件の内容に興味津々。「どんな事件が起きたんですか!?めっちゃ楽しそー♬」「事件が起きたら教えて下さい!(笑)」とコメントしていた。

淺間大基のパジャマ姿に注目が集まる

この投稿では、パジャマ姿の淺間選手に注目が集まる場面も。

全身水色で固めた淺間選手の格好には「パジャマ??可愛いいーー」「くつ下が何故か気になってしょうがないです」「めっちゃ水色ですねw」とコメントが殺到していた。

≪関連記事≫

日本ハム・杉谷拳士が西川遥輝、エハラマサヒロと食事会

【日本シリーズ】“甲斐キャノン”が炸裂するたびにパ・リーグ盗塁王の日本ハム・西川遥輝の評価が上がっていく?

日本ハムが甲子園アベンジャーズ状態に……吉田輝星・柿木蓮をドラフトで指名

きっかけは清宮幸太郎、明石家さんまが日ハムの名誉師匠な理由とは?

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします