Advertisement

【MLB】公式サイトが2023シーズンのホームラン王を予想 大谷翔平は、トラウトは、はたまたジャッジは…

 

【MLB】公式サイトが2023シーズンのホームラン王を予想 大谷翔平は、トラウトは、はたまたジャッジは…
エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

MLB公式サイトは4日(日本時間5日)、「2023年シーズン、各チームのホームラン・リーダーは…」という見出しで、全30球団それぞれでもっともホームランを放つ選手とその本数を予想。各チーム30選手と本数が明示されるということは、自動的にその中で最多の選手がホームラン王という予想となる。

◆大谷翔平に650億円を上回る“スポーツ界史上最高額”オファー か メッツの大富豪オーナーが獲得へ本気モードと米紙指摘

■キングはジャッジ、アロンソ、シュワーバーか

ヤンキースのアーロン・ジャッジ(C)Getty Images

この記事によれば、ニューヨーク・ヤンキースのアーロン・ジャッジが44本でアメリカン・リーグのトップ、ニューヨーク・メッツのピート・アロンソとフィラデルフィア・フィリーズのカイル・シュワーバーが39本でナショナル・リーグのトップ・タイとなっている。企画としては大胆ながら、数字予想はずいぶんと保守的だ。

日本人注目のロサンゼルス・エンゼルスでは、マイク・トラウトが39本でチームトップ。大谷翔平は35本と予測されている。大谷がシーズンを通し、エンゼルスに在籍し続けるのか、ここでは言及されていない。

ア・リーグで大谷よりも多くホームランを放つと予想されるのは、トロント・ブルージェイズのブラディミール・ゲレーロJr.の39本、ヒューストン・アストロズのヨルダン・アルバレスの36本となっており、おおよそ同リーグのホームラン・キング争いが予見される。

ナ・リーグでは、アロンソとシュワーバーの他に35本以上を予想されているのは、アトランタ・ブレーブスのオースティン・ライリーダルビッシュ有の同僚サンディエゴ・パドレスのフェルナンド・タティスJr.でそれぞれ35本となっている。

なおシカゴ・カブスにおいてチーム最多と予想されるのが、鈴木誠也で25本。21年シーズンに日本で38本放った実力は、まだ発揮されていない…という前向きな評価だ。

カブスの鈴木誠也(C)Getty Images

Advertisement


■22年はジャッジとシュワーバー

22年シーズンをおさらいしておくと、ア・リーグのホームラン・ランキングは以下の通り。

1位 62本 ジャッジ 
2位 40本 トラウト 
3位 37本 アルバレス 
4位 34本 大谷 
5位 33本 アンソニー・サンタデル(ボルチモア・オリオールズ)
      コリー・シーガー(テキサス・レンジャーズ)

ナ・リーグは;

1位 46本 シュワーバー
2位 40本 アロンソ
3位 38本 ライリー
4位 36本 クリスチャン・ウォーカー(アリゾナ・ダイヤモンドバックス)
5位 35本 ムーキー・ベッツ(ロサンゼルス・ドジャース)
      ポール・ゴールドシュミット(セントルイス・カージナルス)

となっている。

ちなみにア・リーグで連続ホームラン王は10年、11年のホセ・バティスタ(トロント・ブルージェイズ)以来、ナ・リーグでは09、10年のアルバート・プホルス以来となる。その上でジャッジとシュワーバーには、期待したいもの。

ペナントの行方とともに、ホームラン・キング争いも楽しみながら、二刀流の大谷がそのキングに輝けば、またもメジャー史を賑わせることになるのだが…。

Advertisement


◆【WBC】特集:“史上最強”侍ジャパンが世界一奪還へ 対戦カード・日程・放送予定・メンバー一覧

◆「大谷翔平の妻、カマラニ・ドゥンって誰…」 ハワイでは市議会から栄誉賞授与

◆公式サイトが選出した2023年シーズン有望株10選手に吉田正尚 「ブライス・ハーパーになりえる」

文●SPREAD編集部