Advertisement

【プレミアリーグ】三笘薫、週間ベスト11に選出 BBC解説者称賛「ゴールを決めるコツを知っている」

 

【プレミアリーグ】三笘薫、週間ベスト11に選出 BBC解説者称賛「ゴールを決めるコツを知っている」
ブライトン公式Twitterも「Mitoma magic!」と称賛した三笘薫のヘディング決勝弾(C)Getty Images

英BBCは現地5日、プレミアリーグ週間ベスト11を発表し、ブライトンの日本代表MF三笘薫を選出した。

第22節(4日)のボーンマス戦で挙げた決勝ゴールが評価されたもので、ハリー・ケイン(トッテナム・ホットスパーズ)、マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)とともにFW(3トップ)の一角に名を連ねた。

◆【実際の映像】三笘薫のヘディング決勝弾に揺れるような大歓声! ブライトン公式は「ミトマ マジック!」

■クラブのレジェンド級選手との評価

リバプール戦で決勝ゴールを奪った三笘薫(C)ロイター

ベスト11はガース・クルックス氏(かつてストークやトットナムなどでプレーし、現在はBBC解説者)が選考にあたった。

同氏は三笘について「この日本代表は1970年代に若き日のピーター・ウォードがブライトンに現れて以来、ブライトンの選手の中で最もエキサイティングだ。ミトマは見事なゴールを決めるコツを知っている」と絶賛。引き合いに出されたウォードはクラブのレジェンド的な選手であり、三笘を彼の姿に重ね合わせて評価した。

続けて「ブライトンは現在、素晴らしいサッカーをしていて6位につけている。彼らがめまいに悩まされていないのが不思議なくらいだ」という表現を用い、下馬評を覆し、輝きを放つチームを称えた。

■世界最高峰のリーグでもトップクラスに

また、英メディア『サセックス・ライブ』は、三笘が今後解決すべき自身の課題として「フィジカル強度への慣れ」を挙げたことに対する、アーセナルOBで元イングランド代表FWイアン・ライト氏の反応を紹介。同氏は「ミトマはトッププレーヤーになるためのすべてのツールを持っている。彼はフィジカルの改善に取り組む必要があると言っているが、私はそうは思わない」とし、フィジカルはすでに十分という認識を示した。

「彼は(ボーンマスの)アダム・スミスをひざまずかせた。(リバプールの)ジョー・ゴメスにも同じことをした。彼はスペースを見つけて進入し、シュートを狙うし、素晴らしいパスを送る。推進力を生かし抜き去って行く。ゴールへ向かう目も持っている」と絶賛した上で、「もし彼が本当に(フィジカルの強度に)慣れるのを待っているのなら、やがて慣れた時、我々は彼の本当の姿を見ることになるのだろう」とし、さらなる成長に期待を寄せた。

Advertisement


上がり続ける三笘株。世界最高峰のリーグでもトップクラスに上り詰めそうな勢いだ。

◆【実際の映像】三笘薫、リバプール撃破のスーパーゴール ワンタッチからのアウトサイドシュート

◆【欧州サッカー】三笘薫は芸術ボレー、伊東純也はレッド誘発 日本の誇る両翼が現地で躍動

◆【プレミアリーグ】劇的決勝弾の三笘薫、リバプール相手に記録した圧巻スタッツ 直近11戦で6ゴール2アシスト

文●SPREAD編集部