Advertisement

【京都記念/危険な人気馬】ドウデュースは“消し”評価 「ダービー馬は勝てない鬼門のレース」

 

【京都記念/危険な人気馬】ドウデュースは“消し”評価 「ダービー馬は勝てない鬼門のレース」

第116回京都記念(GII、芝2200m)は、凱旋門賞以来の実戦となる、昨年のダービー馬ドウデュースの始動戦として注目を集める。対するは、復権を狙う一昨年の年度代表馬エフフォーリアや、前走の中日新聞杯で復活の勝利を挙げたGI馬キラーアビリティに、プラダリアウインマイティーといった重賞ウイナーが顔を揃え、伝統のGIIにふさわしい豪華なメンバーが集まった。

そんな中、圧倒的な1番人気に支持されそうなドウデュースこそ、今回の「危険な人気馬」の標的となる。

◆【京都記念2023予想/追い切り診断】ドウデュースを上回る高評価 「最終追いの気迫はかなりのレベル」

■不思議と縁のないダービー馬の京都記念

昨秋は果敢に凱旋門賞へ挑戦するも、ドロドロの重馬場に影響を受け、19着に大敗とほろ苦い遠征に終わったドウデュース。ダービーでは、年度代表馬に輝いたイクイノックスや、菊花賞馬アスクビクターモア、皐月賞馬ジオグリフらを退け、世代の頂点に立った存在だけに、相手関係が楽になるGIIなら、負けられない戦いとなる。

しかし、ダービー馬にとって京都記念は、不思議と縁のないレースなのだ。従来は、古馬中距離路線の始動戦は、3月の日経賞や阪神大賞典などが主流で、2月の京都記念から始動する例は少なかった。事実、1993年以降、過去30回のダービー馬のうち、後に京都記念に出走した馬は、わずか7頭(出走回数は延べ10頭)のみ。そして、その成績は【0.1.4.5】と、複勝率こそ5割と好結果を残しているが、不思議と勝ち馬を輩出したことがないのだ。

近年はドバイへ向けた前哨戦として使うケースが多く、ドウデュースも、次走はドバイターフへの参戦を予定している。明け4歳で、ドウデュースと似たようなケースとしては、2008年ウオッカ(京都記念6着→ドバイデューティーF4着)、18年レイデオロ(同3着→ドバイシーマクラシック4着)と、それぞれ前哨戦を取りこぼし、本番でも敗戦している。

また、凱旋門賞帰りの年明け4歳の初戦という意味で、ドウデュースと似たケースとなる2017年のマカヒキも、凱旋門賞14着大敗→京都記念3着と、やはり始動戦のここで取りこぼしていたのだ。

今年も阪神競馬場で開催される京都記念。阪神芝2200mで開催された過去5年間の重賞勝ち馬10頭中8頭は、4コーナー4番手以内につけており、先行勢に有利な特徴を持つ。今年も登録は13頭で、同様の流れになりそうな雰囲気。皐月賞やダービーのように、後方一気で結果を残してきたドウデュースが、作戦面でも頭をひねることになりそうだ。

Advertisement


圧倒的な1番人気に支持されそうなドウデュース。過去10年の1番人気の成績は【2.1.2.5】と、決して信頼度は高くなく、紛れも起きやすい京都記念。ダービー馬は勝てないという鬼門のレースで、絶対的な存在ではない、という結論に至り、今回のドウデュースは、思い切って「消し」でいきたい。

京都記念2023予想コラム一覧

穴馬予想

◆【穴馬アナライズVol.1】想定“6人気”前後の盲点 「4歳世代の一角、侮るなかれ」

◆【穴馬アナライズVol.2】単勝オッズ“2桁”の刺客 「阪神芝2200mで急浮上する」

◆【穴馬アナライズVol.3】前日オッズ“20倍”前後の伏兵 「大波乱演出の再現ある」

追い切り

◆【追い切り診断】エフフォーリアを上回る最高評価「S」 「前走時より上昇し絶好調」

◆【追い切り診断】ドウデュースを上回る高評価 「最終追いの気迫はかなりのレベル」

◆【追い切り診断】2強の一角に辛口「B」評価 「目標は先、万全と言い切れない」

Advertisement


◆【追い切り診断】連敗中のGI馬に高評価「A」 「プランBが奏功すれば復活Vも」

データ攻略

◆【データ攻略】人気一角の4歳牡馬に「2.1.2.0」 スムーズなら馬券圏内候補

◆【データ攻略】強い4歳世代から新たな刺客 2つの「100%」で目論む重賞制覇

◆【データ攻略】想定“7人気”前後に「3.1.0.0」の追い風 “ジャイキリ”の可能性は十分

◆【データ攻略】「馬券内率75%」が呼び込む激走のサイン “アフリカンゴールドの再現”に期待

騎手データ

◆【騎手データ】エフフォーリア・横山武に黄信号か、阪神芝2200mなら「GIハンター」に期待

血統予想

◆【血統傾向】2強を脅かす抜群のコース適性 種牡馬データも示す「阪神芝の鬼」

◆【血統傾向】単回収値「725」の激走条件 前走大敗は大波乱演出の布石

データ傾向

◆【前走ローテ】有馬記念組が巻き返す 年明け重賞組は不振の傾向

◆【脚質傾向】ドウデュースよりエフフォーリア、展開・馬場不問で「前」有利

共同通信杯2023予想コラム一覧

◆【穴馬アナライズVol.1】想定“10人気”前後の盲点 「重賞組にも見劣りしない存在」

◆【穴馬アナライズVol.2】単勝オッズ“30倍”想定の伏兵 「高配当の使者となり得る」

◆【穴馬アナライズVol.3】馬券内で“万馬券”の爆穴 「もう1段上のレベルに達した印象」

著者プロフィール

石川豊●いしかわゆたか
20代から競馬メディアに寄稿。「ユタカ人気」と言われた時代、武豊が騎乗する過剰人気馬をバッサリと切り捨てる馬券術を駆使し、年間回収率100%超に成功。以来、「1番人気の勝率は3割」を念頭に、残り7割の可能性を模索し、「危険な人気馬」理論を唱え続ける。