Advertisement

【共同通信杯/穴ライズ】単勝オッズ“30倍”想定の伏兵 「高配当の使者となり得る」

 

【共同通信杯/穴ライズ】単勝オッズ“30倍”想定の伏兵 「高配当の使者となり得る」

■シュタールヴィント

PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン

初戦は1番人気に支持されるも、道中の行きっぷりが鈍く4角11頭立て9番手からの追い込み。前半1000m63秒1のスローから直線は各馬同じ脚色での追い比べとなり、先に抜け出した馬たちに先着を許した。

◆【共同通信杯2023予想/穴馬アナライズVol.3】馬券内で“万馬券”の爆穴 「もう1段上のレベルに達した印象」

2戦目でガラリ一変を見せ、好スタートからスッと番手に付いて直線は抜群の手応え。最後は流しながら2着以下を3馬身ちぎって見せ、2戦目で評判どおりの完勝劇だった。

前走・京都2歳Sはレース自体が不利の連鎖。道中は2戦目で見せた器用な立ち回りを見せたが、直線で寄られる不利。それでいて勝ち馬から0秒3差の4着なら悲観する内容でもなく、むしろこの一戦で人気落ちなら妙味がある。母は桜花賞馬マルセリーナ、兄に京成杯勝ちのラストドラフトとクラシックシーズンに間に合う血統背景。距離も1F短縮は好材料で、高配当の使者となり得る。

◆【共同通信杯2023予想/穴馬アナライズVol.1】想定“10人気”前後の盲点 「重賞組にも見劣りしない存在」

◆【京都記念2023予想/危険な人気馬】ドウデュースは“消し”評価 「ダービー馬は勝てない鬼門のレース」

◆【京都記念2023予想/データ攻略】人気一角の4歳牡馬に「2.1.2.0」 スムーズなら馬券圏内候補

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。

【随時更新】宝塚記念2024 予想コラム一覧/過去10年データ

特集

◆【特集】出走予定・枠順、予想オッズetc. 「ドウデュース、春秋グランプリ制覇なるか」お役立ち馬券攻略ガイド

◆【まとめ】芸能人・予想家の「宝塚記念2024」本命・注目馬予想一覧 上半期GI「馬券内率81.8%」の猛者現る

◆【高配当メソッド】ドウデュースとジャスティンパレスのワンツー決着はナシか 3連単52万馬券など波乱演出の“穴メーカー”に要警戒

穴馬予想

◆39.0%→42.9%→54.5% 降れば降るほど連対率UPの“道悪血統”に穴党ロックオン

◆【危険な人気馬】前走ドバイ組“2強”の一角を消し ローテは「馬券内率ゼロ」、血統は「勝率1.3%」の事実

データ分析・過去傾向

◆【データ攻略】ドウデュースとジャスティンパレスの「買い or 消し」 “馬場不問で鉄板級”は2強のどちらか

◆【全頭診断】想定8人気以下に「3.0.0.0」条件発動 “グランプリ連覇”狙う武豊ドウデュース評は

◆【枠順傾向】「馬券内率55.6%」の好枠にドウデュース 内外イーブンも明暗分けるのが“馬場状態”

◆【血統展望】人気ガタ落ちGI馬に“一発大駆け”警戒 ロングラン開催の最終週で「鬼脚」炸裂も

◆【前走ローテ】ドバイ組はSC以外「0.0.0.5」の黄信号 目黒記念組の“馬券内率100%”データが波乱演出か


PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン