Advertisement

【ブンデスリーガ】「ABEMA」で毎節3試合の生中継が決定 2月は堂安律所属のフライブルク戦を無料配信

【ブンデスリーガ】「ABEMA」で毎節3試合の生中継が決定 2月は堂安律所属のフライブルク戦を無料配信
フライブルクの日本代表MF堂安律(C)ロイター

ABEMA(アベマ)」は9日、ドイツ・ブンデスリーガの2022-23シーズンを生中継することを発表した。

◆堂安律、平均採点日本勢唯一トップ50入り MVPメッシが1位、大会得点王のムバッペは3位

■日本人所属チームや強豪チームの試合を厳選

『ABEMA』が生中継するのは、「ブンデスリーガ」2022-23シーズンの第20節から最終節までの45試合。

堂安律が所属するフライブルクや鎌田大地長谷部誠が所属するフランクフルトなど日本人選手が在籍するチームや、バイエルン・ミュンヘンなど強豪チームの試合を毎週3試合、厳選して届ける。なお、フライブルクの試合は26日まで毎週無料で生中継される。

『ABEMA』による初戦は、11日午後11時30分から無料で生中継される「フライブルク vs. シュトゥットガルト」の試合で、堂安が所属するフライブルクと遠藤航伊藤洋輝原口元気が所属するシュトゥットガルトの日本人対決が実現する。

なお、『ABEMA』にて生中継する試合のハイライト、フルマッチの再放送も無料放送され、「ABEMAプレミアム」会員は、試合終了直後から30日間、いつでも見逃しフルマッチが楽しめるという。

2月の「ブンデスリーガ」放送スケジュール(C)AbemaTV,Inc.

◆フランクフルト、鎌田大地の決勝弾でDFB杯8強入り 地元紙はフル出場の長谷部誠を「絶対的な権威、申し分なし」と高評価

◆「不滅のハセ」クラブ記録樹立の長谷部誠、独メディアは絶賛 指揮官は絶大な信頼「チーム全体にプラス」

Advertisement


◆シャルケ上月壮一郎、新星は「小さな希望の光」と地元メディアが孤軍奮闘を評価 デビュー2戦目初ゴールで

文●SPREAD編集部

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします