Advertisement

【京都記念/追い切り診断】ドウデュースを上回る高評価 「最終追いの気迫はかなりのレベル」

 

【京都記念/追い切り診断】ドウデュースを上回る高評価 「最終追いの気迫はかなりのレベル」

■キラーアビリティ

PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン

【中間調整】デビュー4戦目で挑んだホープフルSで快勝を収めたが、翌2022年の春クラシック本番では出遅れや折り合い面がネックとなり、結果を出せず。昨年秋の復帰戦アルゼンチン共和国杯も出負けが祟り8着に終わったが、続く中日新聞杯では新たに装着したクロス鼻革の効果がてきめんだったようで、1年弱ぶりの勝利を掴んでみせた。その後は放牧を挟んで京都記念を目指すことが早い段階で決定。1月9日に栗東へ戻ったのち、ケアにやや時間を要したが22日のCW併せ馬から時計を出し始めている。1週前追いにはB.ムルザバエフ騎手が騎乗し、速い全体時計をマーク。飛ばした分ラストはやや要したが、それでもバランスを崩さず素軽さをしっかり保っていた。

◆【京都記念2023予想】過去10年データ・傾向、追い切り、枠順、出走馬、コラム一覧

【最終追い切り】レース当週は団野騎手が騎乗し、CW単走。1週前の時点で負荷は十分だったので。終い重点で操縦性の錬磨に努めた。序盤はしっかり溜めが利いており、ラストの促しには重心を沈めて加速。単走とは思えない気迫が感じられたのもいい。

【見解】序盤から動かしていくB.ムルザバエフ騎手独特の攻めが奏功したのか、最終追いで見せた気迫はかなりのレベルにあった。立ち上げが若干遅れたことをしっかりリカバーできており、中8週とひと息入っているとは思えない好気配にある。

総合評価「A」

■京都記念2023予想 人気記事一覧

追い切り

◆【追い切り診断】連敗中のGI馬に高評価「A」 「プランBが奏功すれば復活Vも」

◆【追い切り診断】エフフォーリアを上回る最高評価「S」 「前走時より上昇し絶好調」

◆【追い切り診断】2強の一角に辛口「B」評価 「目標は先、万全と言い切れない」

Advertisement


データ分析

◆【データ攻略】人気一角の4歳牡馬に「2.1.2.0」 スムーズなら馬券圏内候補

◆【データ攻略】強い4歳世代から新たな刺客 2つの「100%」で目論む重賞制覇

◆【データ攻略】想定“7人気”前後に「3.1.0.0」の追い風 “ジャイキリ”の可能性は十分

◆【データ攻略】「馬券内率75%」が呼び込む激走のサイン “アフリカンゴールドの再現”に期待

血統傾向

◆【血統傾向】2強を脅かす抜群のコース適性 種牡馬データも示す「阪神芝の鬼」

◆【血統傾向】単回収値「725」の激走条件 前走大敗は大波乱演出の布石

Advertisement


騎手データ

◆【騎手データ】エフフォーリア・横山武に黄信号か、阪神芝2200mなら「GIハンター」に期待

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン