大西将太郎がW杯を盛り上げる「にわかでも、せっかく自国で開催される数少ない機会なので見てほしい」

1月17日、「丸の内15丁目プロジェクト」の一環として「2019 KICK OFF! MARUNOUCHI RUGBY FESTIVAL」が開催され、元ラグビー選手の大西将太郎さんらがゲストとして登壇した。

このプロジェクトでは、ラグビーワールドカップ2019に先駆け、ラグビーの様々な魅力を紹介。丸の内エリアを中心に、今までにない視点からイベントを展開する。

大西さんは、「2015年をきっかけにラグビーに興味を持つ人が増えてきた。にわかでも、せっかく自国で開催される数少ない機会なので見てほしい」と述べた。

2015年と言えば、ワールドカップイングランド大会で、日本が強豪・南アフリカに勝利し、ラグビー旋風を巻き起こした年。

果たして、2019年は2015年以上の盛り上がりとなるのか、注目が集まる。

ラグビーは人間としても成長できるスポーツ

「紳士のスポーツ」といわれるラグビー。実際、ラガーマンにはいい人が多いという。

それに対し、大西さんは「そうなんですよって僕が言ったらおかしいけど」と笑いながらも、「ラグビーは本当に色々な事を経験して、人間としても成長できるスポーツだと思う」と、ラグビーならではの良さを述べた。

また、最後には「9月20日まで時間があるようであっという間。選手には最高の結果が出せるよう努力してほしいが、僕たちは大会が成功し、盛り上がり、日本のラグビー界が発展するように頑張りたいのでよろしくお願いします」と、意気込みを語った。

「丸の内15丁目プロジェクト」では、丸の内エリアを中心に、17日から4日間アートやフィットネスとラグビーをコラボしたイベントなどが開催される。

ラグビーワールドカップ2019のペア観戦チケットが当たるグルメ企画“ラガー「麺」”も2月17日(日)まで行われているので、これまでラグビーに興味が無かった方も、是非丸の内まで足を伸ばしてみてはいかがだろうか。

≪関連記事≫

「リーチ・マイケルは声が小さい」中川家がラグビー選手の素顔を暴露

夫婦円満の秘訣は「互いに干渉しないこと」山田章仁・ローラの夫婦観

山田章仁を支える妻・ローラ、遠距離の家族生活に「子供が恋しくなる時もありますよね」

満員電車で通勤した日々も…元サラリーマン選手、庭井祐輔がプロ転向するまで

大怪我を乗り越えて…「焦っても仕方がない」を知った庭井祐輔が見るラグビー

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします