Advertisement

【BreakingDown7】「1分間の対策を考えちゃってる」啓之輔、戦い方の変化語る ジョリーには“リベンジ”要求「次はなんでもありで」

【BreakingDown7】「1分間の対策を考えちゃってる」啓之輔、戦い方の変化語る ジョリーには“リベンジ”要求「次はなんでもありで」
(C)BreakingDown

総合格闘家の朝倉未来がプロデューサーを務める“1分間最強”決定戦「喧嘩道 presents BreakingDown7」に出場した啓之輔が21日、自身のYouTubeチャンネルを更新し、19日に行われた同大会での戦いを振り返った。

◆啓之輔、判定不服に批判相次ぎ“ツイッター辞める”宣言 安保瑠輝也も指摘「相撲ではない」

■試合後自身のツイッターで不満を露わ

啓之輔は第32試合でジョリーと対戦し、延長の末に判定1-4で敗れた。試合後は判定への不満を露わにしながらリングを後にし、自身のツイッターでは「俺の負けなの?w どこ見てんねん」と投稿していた。

Advertisement

21日に更新されたYouTubeで啓之輔は「結果は何もできず完敗です。どうもすみませんでした」と敗戦について受け止めつつ、「ふざけんじゃねえよ。(ピー音)〇〇判定がよ」と納得がいってない様子を見せた。

また、啓之輔は「1分間の対策を考えてきちゃってるよね。倒し合いじゃなくて」と語り、各選手のBreakingDownでの戦い方について変化が生まれていると分析。

次回対戦について啓之輔は、「ジョリーさんが強くて自分は何もできなかったです」とジョリーを称えた上で、「みんながもう、あんな判定なしになるような試合で終わりにしたいと思います。ジョリーさん、是非なんでもありのルールでやりましょう」と、リベンジマッチを要求した。

◆ジョリー、判定勝利も「『啓之輔の勝ちやろ』という人も多いと思う」 朝倉未来は「MMAなら啓之輔さん」

Advertisement

◆朝倉未来「これぞブレイキングダウン」 安保瑠輝也が30キロ差の“マルセイユの悪童”を圧倒KO

◆骨折中のYUSHIが“ヒザ”で粉砕KO 悶絶のこめおは起き上がれずに担架で退場

文●SPREAD編集部

Advertisement


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします