【弥生賞/前走ローテ】異例の大混戦メンバー 過去8勝「前走1着馬」に該当するのは…

 

230305_弥生賞_前走レース名(-1着)01

5日に中山競馬場で行われる第60回弥生賞(GII、芝2000m)の過去10年データを紹介する。

昨年のホープフルS2着トップナイフ、共同通信杯4着から巻き返しを図るタスティエーラ、前走・若駒Sでハナ差2着となったワンダイレクト、京都2歳S覇者のグリューネグリーンなどが出走予定。

ここでは予想のヒントとなる「前走ローテ」を分析していく。

◆【弥生賞ディープインパクト記念2023予想/追い切り診断】トップナイフを上回る「S」の最高評価 「陣営が意図した仕上がり」

■ホープフルS組は3着率が高い

過去10年、最多3勝は1勝クラスで【3.2.0.24】の3年連続で連対中だが、今年は掲示板外の2頭しかいない。続く2勝は前走・若駒S組で【2.1.0.3】。2014年にトゥザワールド、16年にはマカヒキが制した。ただ、これを最後に連対すらしておらず、昨年は若駒S1着のリューベックが6着に沈んでいる。

今年は若駒Sハナ差で2着となったワンダイレクト、同3着のセッションが出走予定であり、久々の馬券内があるか。

[弥生賞]過去10年の前走ローテ

1勝クラス【3.2.0.24】勝率10.3%、連対率・複勝率17.2%
若駒S【2.1.0.3】勝率33.3%、連対率・複勝率50.0%
朝日杯FS【1.3.3.1】勝率12.5%、連対率50.0%、複勝率87.5%
ホープフルS【1.1.5.9】勝率6.25%、連対率12.5%、複勝率43.8%
東スポ杯2歳S【1.1.0.0】勝率50.0%、連対率・複勝率100.0%
きさらぎ賞【1.0.1.5】勝率・連対率14.3%、複勝率28.6%
京都2歳S【1.0.0.2】勝率・連対率・複勝率33.3%

アベレージが高い前走・朝日杯FS組は今年該当馬なし。一方、弥生賞と同じコースとなる前走・ホープフルS組だが、3着率が高い。とはいえ、昨年は9番人気のボーンディスウェイが3着に好走するなど侮れず、着順別で見ると5着が3着3回。ホープフルS2着のトップナイフは軸として信頼してよく、同11着ながら重賞ウイナーのグリューネグリーンもマークは必要か。

Advertisement


なお、前走1着馬は【8.7.1.36】勝率15.4%、連対率28.8%、複勝率30.8%を誇るが、今年の該当馬はゴッドファーザーレヴォルタードヨリマルの前走・未勝利組。10馬身差で圧勝したゴッドファーザーは注目を集めるが、前走・未勝利組が馬券に絡んだのは過去10年でゼロ。2009年5番人気2着のミッキーペトラまで遡る。

タスティエーラが該当する前走・共同通信杯組は【0.0.0.4】とサンプルが少なく、今年は難解な一戦。データ上、トップナイフ以外が大混戦であり、前走・若駒S組の久々の好走や、「1着馬」のデータから前走・未勝利組の激走があっても驚けない。

▼その他、過去10年データ傾向
◆【WIN5】阪神11R大阪城Sは“一点突破” メインはトップナイフ以外で高配当狙い

◆【枠順】人気一角が連対率0%の“鬼門”に グリューネグリーンは「7年連続馬券内」の8枠

◆【脚質傾向】逃げ切りはわずか1勝 トップナイフは“ハナ”なら差し・追込の餌食

弥生賞ディープインパクト記念2023予想コラム一覧

▼騎手データ
◆【騎手データ】条件合致で驚異の“連対率100%” 堅軸候補は圧倒的数値のレジェンド2人

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】単勝オッズ“2桁”想定に高評価「A」 「一段階強化した効果あり」

Advertisement


◆【追い切り診断】トップナイフを上回る「S」の最高評価 「陣営が意図した仕上がり」

◆【追い切り診断】人気一角に辛口「B」評価 「右回りでスムーズさを欠く可能性」

◆【追い切り診断】タスティエーラを上回る高評価 「抑揚の効いた調整過程に好感」

▼データ攻略
◆【データ攻略】人気一角は「1.2.4.0」の堅軸 前走で能力証明「中心は揺るがない」

◆【データ攻略】1勝馬に馬券内率“7割”超 この厩舎×騎手は「勝負気配の表れ」

◆【データ攻略】過去“6頭”馬券内で巻き返し警報 「9人気3着馬」も該当の好条件

◆【データ攻略】想定“7人気”に好走確率6割超 暮れの「240万馬券」演出を再現

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズ】単勝オッズ“2桁”の惑星 「この下馬評なら先物買いの価値あり」

◆【危険な人気馬】注目の大器は“消し” 「未勝利戦だけの実績では通用しない」

▼血統傾向
◆【血統傾向】想定オッズ“2桁”が1着候補 驚異の「勝率8割」を誇る条件トライアングル

◆【血統傾向】想定10人気前後の良血馬に期待 馬券内率“5割”超の単回収値「165」に合致

文●SPREAD編集部

【随時更新】中京記念2024 予想コラム一覧/過去10年データ

特集

◆【特集】変則日程で2年ぶりの「小倉開催」 出走予定・枠順、予想オッズ、過去10年データ・傾向

◆【まとめ】芸能人・予想家の「中京記念2024」本命・注目馬予想一覧 函館記念“14人気3着”アウスヴァール指名の猛者現る

◆【まとめ】「中京記念2024」大口投票パトロール セオの複勝に「先行投資」あり “小倉巧者”にも投票続く

◆【高配当メソッド】1強ムードの年は1人気連対ならず 8勝挙げる“6人気以下”の伏兵たちが夏を盛り上げる

穴馬予想

◆【穴ライズ】「ここも人気にならない」前日“8人気”以下 適距離、好相性コース、展開利で再現あり

◆【穴ライズ】惜敗続きから前走激走、更に「条件好転」で急浮上 単勝オッズ“2桁”確定の刺客

◆【穴ライズ】想定“12人気”前後の爆穴 夏の小倉巧者×名手の「メイチ勝負」で一発の可能性

◆【危険な人気馬】充実4歳馬を“消し” GI馬も撃沈多数、「1.0.0.14」が示すハンデの壁

過去10年傾向・データ分析

◆【全頭診断】前走馬券内の伏兵は「0.0.0.7」で“消し”も 穴妙味はローテ魅力の惨敗組

◆【枠順】今開催“複回収値500超”の好枠に穴馬 内優勢も「好走条件クリア」でむしろ評価を上げたい外枠勢は

◆【データ攻略】「3.0.0.0」該当の人気盲点 “もう買うしかない”推し材料に垂涎の眼差し

◆【データ攻略】軸不在の混戦断つ“馬券内率71%”ホース 人気一角には「0.0.0.11」の逆風

◆【前走ローテ】安田記念組に複回値「465」連対率“100%”データ 穴は小倉開催時「1.0.1.1」のGIII組