Advertisement

【弥生賞/血統傾向】想定オッズ“2桁”が1着候補 驚異の「勝率8割」を誇る条件トライアングル

 

【弥生賞/血統傾向】想定オッズ“2桁”が1着候補 驚異の「勝率8割」を誇る条件トライアングル

5日に中山競馬場で行われる弥生賞(GII、芝2000m)の「血統傾向」を分析する。

2018年以降の弥生賞で3着内に入った種牡馬データを集計した下記の血統表をもとに推奨馬2頭を紹介する。ここでは、そのうち1頭を紹介する。

◆【弥生賞ディープインパクト記念2023予想/追い切り診断】タスティエーラを上回る高評価 「抑揚の効いた調整過程に好感」

■母系が欧州色の濃いディープインパクト系

PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン

種牡馬成績をみていくと、ディープインパクトが4勝を挙げる活躍。なかでも2019年に8番人気で制したメイショウテンゲン(母母父サドラーズウェルズ)や昨年の勝ち馬アスクビクターモア(母父レインボウクエスト)など母系にパワーやスタミナをプラスする欧州の血が配合された馬の活躍が目立っている。

一方、ノーザンダンサー系種牡馬は【0.1.1.5】と低調ぎみ。1番人気に支持されたハービンジャー産駒・ニシノデイジーは4着と掲示板を確保するのがやっとだった。今年もデクラレーションオブウォー産駒のトップナイフやサトノクラウン産駒のタスティエーラなど上位人気濃厚の馬が出走を予定しているが、今回は評価を下げたいところだ。

これらは中山芝2000mが最初のコーナーまで距離があり、2度の急坂があるタフさを求められるコースであることがポイント。ペースが落ち着きやすいため、ある程度前で競馬を出来るスピードに加え、最後の急坂をこなすパワーとスタミナを備え持ったディープインパクト系×欧州血統の配合馬が浮上してくるのだろう。

今回はシルバーステート産駒に注目する。

◆【弥生賞ディープインパクト記念2023予想/追い切り診断】人気一角に辛口「B」評価 「右回りでスムーズさを欠く可能性」

■ゴッドファーザー

父に重賞未勝利ながら、半兄に豪GI勝ち、愛ダービー2着のセヴィルがいる血統やレース内容が評価され種牡馬入りを果たしたシルバーステート。母父に2004年の凱旋門賞勝ちなど欧州GI5勝のバゴがいる血統構成。

Advertisement


1番人気に支持された2歳未勝利戦はスタートから積極的にハナを狙い、逃げの手に出ると直線に入っても脚色は衰えず、そのまま10馬身突き放す圧勝劇。気性は若そうだが、重賞を勝てるだけのポテンシャルを秘めていそうな大物感のある走りだった。今回は7月以来の久々の実戦となるため、休養期間中での心身の成長にも期待したい。

また、父シルバーステート×母父ナスルーラー系の牡・セン馬は、急坂のある芝コース(東京、中山、阪神、中京)が得意で、その成績は【5.3.1.9】、勝率27.8%、複勝率50.0%、単勝回収値66。対して平坦コースでは1勝のみ(勝率7.1%)であることを考えると、急坂コースでこそ良さが出そうだ。

さらに上記の条件に加えて前走から中8週以上の間隔を取った馬に絞ると【4.0.0.1】、勝率・複勝率80.0%、単回収値134と抜群の勝率をマークしていることがわかった。前走勝ち上がった7月の未勝利戦から大きく間隔を空けている今回は狙い目と言えそう。ゴッドファーザーは2戦とキャリアは浅いが、それだけに未知の魅力たっぷりなだけに、この馬をピックアップする。

▼その他、血統傾向
◆【血統傾向】想定10人気前後の良血馬に期待 馬券内率“5割”超の単回収値「165」に合致

弥生賞ディープインパクト記念2023予想コラム一覧

▼騎手データ
◆【騎手データ】条件合致で驚異の“連対率100%” 堅軸候補は圧倒的数値のレジェンド2人

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】単勝オッズ“2桁”想定に高評価「A」 「一段階強化した効果あり」

Advertisement


◆【追い切り診断】トップナイフを上回る「S」の最高評価 「陣営が意図した仕上がり」

◆【追い切り診断】人気一角に辛口「B」評価 「右回りでスムーズさを欠く可能性」

◆【追い切り診断】タスティエーラを上回る高評価 「抑揚の効いた調整過程に好感」

▼データ攻略
◆【データ攻略】人気一角は「1.2.4.0」の堅軸 前走で能力証明「中心は揺るがない」

◆【データ攻略】1勝馬に馬券内率“7割”超 この厩舎×騎手は「勝負気配の表れ」

◆【データ攻略】過去“6頭”馬券内で巻き返し警報 「9人気3着馬」も該当の好条件

◆【データ攻略】想定“7人気”に好走確率6割超 暮れの「240万馬券」演出を再現

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズ】単勝オッズ“2桁”の惑星 「この下馬評なら先物買いの価値あり」

◆【危険な人気馬】注目の大器は“消し” 「未勝利戦だけの実績では通用しない」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【WIN5】阪神11R大阪城Sは“一点突破” メインはトップナイフ以外で高配当狙い

◆【枠順】人気一角が連対率0%の“鬼門”に グリューネグリーンは「7年連続馬券内」の8枠

◆【前走ローテ】異例の大混戦メンバー 過去8勝「前走1着馬」に該当するのは…

◆【脚質傾向】逃げ切りはわずか1勝 トップナイフは“ハナ”なら差し・追込の餌食

文●中井達也(SPREAD編集部)


PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン