Advertisement

【弥生賞/追い切り診断】トップナイフを上回る「S」の最高評価 「陣営が意図した仕上がり」

 

【弥生賞/追い切り診断】トップナイフを上回る「S」の最高評価 「陣営が意図した仕上がり」

■ワンダイレクト

PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン

【中間調整】中京芝2000mの新馬戦でクビ差の接戦を制し勝利。そこから中6週、新馬戦と同じ中京芝2000mの前走・若駒Sではハナ差の2着という結果だった。その前走は抜け出して1頭となったところを離れた外を伸びた勝ち馬に差されたもので、仮に追い比べの形だったら先頭ゴールインがあったかもしれない。前走後は弥生賞を念頭に短期放牧に入り、2月上旬に帰厩。9日に坂路で初時計を出し、2F12秒6-12秒5(馬なり)とさっそく軽快に動いた。その後は坂路調整でじっくり心肺機能を練り上げ、22日の1週前追いが中間初のコース追い。序盤からジワジワと加速し、直線では両サイド2頭と追い比べとなったが、力強く抜け出して最先着を果たしている。

◆【弥生賞ディープインパクト記念2023予想/データ攻略】人気一角は「1.2.4.0」の堅軸 前走で能力証明「中心は揺るがない」

【最終追い切り】レースでも騎乗するC.ルメール騎手が跨り、CWで併せ馬を行った。直線ではオープン馬ノルカソルカへ内から取り付いて併走。アオられ、ステッキが数発入る相手を横目に、まったくの馬なりをキープし、そのまま抜群の手応えを保って相手に合わせるように併入とした。どちらが年長がわからないほどの貫禄があり、踏み込みの力強さも上々。

【見解】休養、坂路での基礎鍛錬、そしてコースで実戦感覚を養うという、段階を踏んだ順調そのものの調整。1週前はややぎこちなさもあったが、最終追いでは一気に素軽くなっており陣営が意図した通りに仕上がっているようだ。絶好の気配。

総合評価「S」

▼その他、追い切り診断
◆【追い切り診断】単勝オッズ“2桁”想定に高評価「A」 「一段階強化した効果あり」

◆【追い切り診断】人気一角に辛口「B」評価 「右回りでスムーズさを欠く可能性」

◆【追い切り診断】タスティエーラを上回る高評価 「抑揚の効いた調整過程に好感」

弥生賞ディープインパクト記念2023予想コラム一覧

▼騎手データ
◆【騎手データ】条件合致で驚異の“連対率100%” 堅軸候補は圧倒的数値のレジェンド2人

Advertisement


▼データ攻略
◆【データ攻略】人気一角は「1.2.4.0」の堅軸 前走で能力証明「中心は揺るがない」

◆【データ攻略】1勝馬に馬券内率“7割”超 この厩舎×騎手は「勝負気配の表れ」

◆【データ攻略】過去“6頭”馬券内で巻き返し警報 「9人気3着馬」も該当の好条件

◆【データ攻略】想定“7人気”に好走確率6割超 暮れの「240万馬券」演出を再現

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズ】単勝オッズ“2桁”の惑星 「この下馬評なら先物買いの価値あり」

◆【危険な人気馬】注目の大器は“消し” 「未勝利戦だけの実績では通用しない」

Advertisement


▼血統傾向
◆【血統傾向】想定オッズ“2桁”が1着候補 驚異の「勝率8割」を誇る条件トライアングル

◆【血統傾向】想定10人気前後の良血馬に期待 馬券内率“5割”超の単回収値「165」に合致

▼その他、過去10年データ傾向
◆【WIN5】阪神11R大阪城Sは“一点突破” メインはトップナイフ以外で高配当狙い

◆【枠順】人気一角が連対率0%の“鬼門”に グリューネグリーンは「7年連続馬券内」の8枠

◆【前走ローテ】異例の大混戦メンバー 過去8勝「前走1着馬」に該当するのは…

◆【脚質傾向】逃げ切りはわずか1勝 トップナイフは“ハナ”なら差し・追込の餌食

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン