Advertisement

【チューリップ賞/穴ライズ】単勝“10人気”以上の盲点 「この人気落ちならシメシメ」

【チューリップ賞/穴ライズ】単勝“10人気”以上の盲点 「この人気落ちならシメシメ」

■アリスヴェリテ

今回で6戦目とキャリア豊富の馬。新馬は12秒1-11秒8-11秒6の加速ラップをあっさりと外から突き抜け、2戦目の野路菊Sでは後に共同通信杯を制すファントムシーフに逃げて抵抗し2着。続くアルテミスSは後の2歳女王リバティアイランドにクビ差3着と、戦ってきたメンバーと着差を考えればトップクラスに入る。

◆【弥生賞ディープインパクト記念2023予想/穴馬アナライズ】単勝オッズ“2桁”の惑星 「この下馬評なら先物買いの価値あり」

その後、つわぶき賞、菜の花賞と自己条件で連続4着と不甲斐ない結果だが、つわぶき賞は序盤で引っ掛かり、菜の花賞はインで窮屈な競馬。スムーズさを欠くレースが続いてしまった。とはいえ、4着と大崩れもなく、この2戦で見限るのは早計。むしろこの人気落ちならシメシメと言ったところだ。

放牧で立て直した今回、中間の攻め馬は上々。同型も多く容易にハナは奪えないが、ペースが落ち着くこともなさそうで、流れに乗れれば重賞・GIメンバーと渡り合った底力が活きる。

◆【チューリップ賞2023予想/穴馬アナライズVol.1】前日“12人気”前後の爆穴 「前走だけ目を瞑れば買い」

◆【チューリップ賞2023予想/穴馬アナライズVol.3】想定“8人気”前後の伏兵 「隠れた好素材の一発狙う」

弥生賞ディープインパクト記念2023予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】単勝オッズ“2桁”想定に高評価「A」 「一段階強化した効果あり」

◆【追い切り診断】トップナイフを上回る「S」の最高評価 「陣営が意図した仕上がり」

◆【追い切り診断】人気一角に辛口「B」評価 「右回りでスムーズさを欠く可能性」

Advertisement


◆【追い切り診断】タスティエーラを上回る高評価 「抑揚の効いた調整過程に好感」

▼データ攻略
◆【データ攻略】人気一角は「1.2.4.0」の堅軸 前走で能力証明「中心は揺るがない」

◆【データ攻略】1勝馬に馬券内率“7割”超 この厩舎×騎手は「勝負気配の表れ」

◆【データ攻略】過去“6頭”馬券内で巻き返し警報 「9人気3着馬」も該当の好条件

◆【データ攻略】想定“7人気”に好走確率6割超 暮れの「240万馬券」演出を再現

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズ】単勝オッズ“2桁”の惑星 「この下馬評なら先物買いの価値あり」

◆【危険な人気馬】注目の大器は“消し” 「未勝利戦だけの実績では通用しない」

Advertisement


▼血統傾向
◆【血統傾向】想定オッズ“2桁”が1着候補 驚異の「勝率8割」を誇る条件トライアングル

◆【血統傾向】想定10人気前後の良血馬に期待 馬券内率“5割”超の単回収値「165」に合致

▼その他、過去10年データ傾向
◆【WIN5】阪神11R大阪城Sは“一点突破” メインはトップナイフ以外で高配当狙い

◆【枠順】人気一角が連対率0%の“鬼門”に グリューネグリーンは「7年連続馬券内」の8枠

◆【前走ローテ】異例の大混戦メンバー 過去8勝「前走1着馬」に該当するのは…

◆【脚質傾向】逃げ切りはわずか1勝 トップナイフは“ハナ”なら差し・追込の餌食

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします