Advertisement

【MLB】大谷翔平、衝撃弾連発後パフォーマンスに米ファンから「カージナルス入り確定」の声

 

【MLB】大谷翔平、衝撃弾連発後パフォーマンスに米ファンから「カージナルス入り確定」の声
大谷翔平のペッパーグラインダー・パフォーマンス (C) Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平が6日に行われた侍ジャパン壮行試合、阪神タイガース戦で3ランを連発、その試合中に見せたある行動がセントルイス・カージナルスのメディアやファンの間でちょっとした話題になっている。

◆【実際の映像】驚愕弾後のダイヤモンド一周で“ペッパーグラインダー”を披露する大谷翔平

■「ラーズ・ヌートバー効果だ!」

それは最初の3ランを打った際、大谷は三塁を回ったあたりで両拳を上下にして何かを挽くようなパフォーマンスをした。これはラーズ・ヌートバーがカージナルスで行なっている“ペッパーグラインダー”(またはペッパーミル=胡椒を挽く)というもの。ヌートバーの合流後、侍ジャパンの選手の間でも広まったが、ヌートバー以外実戦で披露したのは大谷が初めてだ。

『MLB.com』のカージナル番ジョン・デントン記者は「ラーズ・ヌートバー効果は、すでに日本にも及んでいる。カージナルスの若きスターは、スーパースターのスラッガー大谷翔平に“ペッパーグラインダー”を広めたようだ」と投稿すると、セントルイス地元局『KMOV』のレポーター、デビッド・アメロッティも「オオタニが三塁を回りながら、“ペッパーグラインダー”を行なった」と紹介。『ジ・アスレチック』のカージナルス番、ケイティ・ウー記者は「(大谷の)あれって、“ペッパーグランダー”!?」と目を丸くしたようだ。

また同動画を見たファンからは「オオタニのカージナルス入り確定」といった反応が出たほか、カージナルス専門ポッドキャスト『ザッツ・ア・ウィナー』も「オオタニがコショウを挽き始めた。ようこそセントルイス・カージナルスへ」とはしゃぎ、大谷が将来カージナルスの一員になるのことに期待を膨らませた。

このパフォーマンスは、WBC大会本戦でも話題を呼びそうだ。

◆【実際の映像】MLB公式サイトも驚愕、270万回以上再生された大谷翔平の3ラン連発比較映像

◆大谷翔平の衝撃弾連発は270万回再生 米メディアも「冗談だろ」「ショータイムはすでに始まっている」と驚愕

◆米メディアがパワーランキング発表「見逃せないのは岡本和真」と右の大砲に注目 侍ジャパンは何位?

Advertisement


文●澤 良憲(YOSHI SAWA)