Advertisement

【WBC】大谷翔平、初陣中国戦は4回5奪三振無失点で最速161キロ 打ってはタイムリー2塁打で大車輪の活躍

 

【WBC】大谷翔平、初陣中国戦は4回5奪三振無失点で最速161キロ 打ってはタイムリー2塁打で大車輪の活躍
WBC初のマウンド、先頭打者を三振に切って獲った大谷翔平 (C) Getty Images

野球の世界一を決めるワールド・ベースボール・クラシックWBC)は9日、プールB・1次リーグ初戦の日本対中国の試合が行われ、大谷翔平は「3番DH・投手」で先発。4回を投げ1安打5奪三振無失点の投球を見せた。

◆【実際の映像】WBC初マウンド、大谷翔平が先頭打者を打ち取った歴史的初奪三振

■「打者大谷」としても活躍

WBCデビューとなった大谷は、初回に先頭打者を空振り三振に打ち取るなど、11球で三者凡退に抑える好スタートを切った。味方のリードを得た2回は、5番のレイ・チャンの3球目にこの日最速100マイル(約161キロ)を計測するなど、さらに2つの三振を奪う。

4回にはこの試合5個目の三振を奪い、この回をもってマウンドを降りた。大谷は4回49球を投げ、1安打5奪三振無失点。最速は2回に記録した100マイル(約161キロ)だった。

大谷は打ってはここまで2打数1安打2打点。タイムリー2ベースを放つなど、打者としても輝きを放っている。

なお、試合は6回終了時点、3ー1で日本がリードしている。

◆【実際の映像】大谷翔平、自らを援護する技ありタイムリーは右翼フェンス直撃弾

◆初戦 大谷翔平の歴史的初球は157キロのストレート 1番打者を三振に

◆年俸格差で眺める6年ぶり世界一大会 日本は148億、ドミニカ共和国は254億、米国は…

Advertisement


文●SPREAD編集部