Advertisement

【WBC】東京プール開幕 国辱的ミスの韓国はオーストラリア相手に初戦落とす衝撃

【WBC】東京プール開幕 国辱的ミスの韓国はオーストラリア相手に初戦落とす衝撃
WBC初戦で韓国相手に勝利を収めたオーストラリア代表 (C) Getty Images

国際大会の怖さをまざまざと見せつけられた試合だった。

野球世界一を決めるワールド・ベースボール・クラシックWBC)は9日、東京プールが開幕。東京ドームでオーストラリア代表 vs. 韓国代表が行われ、オーストラリアが8-7で逃げ切った。

◆【実際の映像】ツーベース後、国辱的ボーンヘッドがこちら

Advertisement

■一発攻勢で大味の試合と思いきや…

オーストラリアが先制し試合は動いた。しかし5回に逆転スリーランが飛び出し、地力にまさるとする韓国優位の展開に。オーストラリア代表は韓国代表に8連敗中。苦手意識も左右したのだろうか。

しかし、5番手で登板したキム・ウォンジュンが誤算。2死二、三塁から3番ロバート・グレンディニングの一撃は逆転3ラン。

それでもまだまだ試合の行方は…という7回裏。代打のカン・ベクホが左中間フェンス直撃のツーベースで出塁したが、歓喜をベンチにアピールしすぎ、ベースから足が離れた。ボールを持っていた二塁手がすかさずタッチ。リプレー検証によりアウトが確定。チャンスの目を潰した。

これにはSNSにも「国辱的ミス」の文字が踊り、韓国ファンの落胆が拡散された。

Advertisement

9回の攻撃も2死一塁から盗塁死で万事休す。細かいミスが勝敗に直結した試合となった。

オーストラリアはこれで準々決勝進出へと前進する一方、瀬戸際に立たされた韓国は10日の侍ジャパン戦に死ぬ物狂いで挑んで来ることになるだろう。

侍ジャパンも要注意だ。

Advertisement

◆【実際の映像】9回裏二盗失敗ゲームセットのシーン

◆韓国代表、海外メディアも不安視する精神的支柱の不在 元“虎の守護神”落選は「大きく目立つ」

◆韓国代表 登録メンバー、試合日程、トーナメント表、中継情報一覧

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします