【金鯱賞/WIN5】アネモネSは想定”2桁”人気で一発を狙う シメは金鯱賞”一点突破”

 

【金鯱賞/WIN5】アネモネSは想定”2桁”人気で一発を狙う シメは金鯱賞”一点突破”

12日に金鯱賞(GII、中京芝2000m)を含めたWIN5対象レースが行われる。

JRAが指定する5つのレースで1着馬を当てるWIN5は、過去に5億円超えの高額配当を記録したこともある、まさに夢の馬券。先週は、的中票数28票、払戻金18,041,510円という今年2番目となる高配当を記録した。

ここでは対象レースの過去10年データをベースに、WIN5を攻略する。

◆【金鯱賞2023予想/追い切り診断】プログノーシスを上回る「S」の最高評価 「さらに上昇し目下絶好調」

■WIN1)阪神10R・甲南ステークスは前走実績を重視

過去10年の脚質傾向では、逃げ【2.2.0.7】、先行【5.3.1.26】、差し【1.3.8.39】、追込【2.2.1.34】と前有利となっている。昨年も6番人気のレザネフォールが好スタートを決めてハナを奪い、そのまま逃げ切り。2着には好位追走から最終直線で鋭さを見せた8番人気のゴールドティアが入線した。

また勝利を挙げた先行馬は、良・稍重馬場で上がり3Fを36秒台の脚を見せているという共通点もある。今回の出走馬の中では、前走・同コースで行われた2勝クラスで番手から上がり3F36秒4という脚で勝利したジューンアマデウスが該当する。

差し・追込の場合は、過去の傾向からハイペースなレース展開且つ上がり3F36秒前半を記録することが一つ条件となりそうだ。今回の出走馬で条件に当てはまるのは、前走・金蹄Sで後方から上がり3F最速の35秒3の末脚を見せたテンカハルが該当。

以上のデータから甲南Sはこの2頭が有力となる。

ジューンアマデウス
テンカハル

Advertisement


■WIN2)中山10R・東風Sは先行馬狙い

脚質傾向をみると逃げ【2.1.0.7】、先行【3.7.1.26】、差し【3.2.6.41】、追込【2.0.3.35】。一見するとどの脚質でも可能性はありそうだが、直近5年のデータでは逃げ【2.0.0.3】、先行【3.4.0.12】。リステッド競走に繰り上がってからは差し・追込が決まらない傾向となっている。

過去5年間で勝利した馬の上がり3Fタイムは良馬場で34秒5以内となっており、これが本レースにおいて基準となりそうだ。

また人気傾向を見ると過去10年で1番人気が1着となったのは2017年のグレーターロンドンのみ。昨年も5番人気のボンセルヴィーソが最終直線で番手から抜け出し勝利するなど、例年決して人気通りの決着とはならない様相を呈している。

以上を踏まえると、本レースは先行馬を手広く押さえておくのが攻略のカギとなる。今回の出走馬の中で有力なのはエピファニーゾンニッヒラインベックノルカソルカの4頭。これらの出走馬を押さえ、WIN2攻略を目指す。

エピファニー
ゾンニッヒ
ラインベック
ノルカソルカ

【随時更新】函館記念2024 予想コラム一覧/過去10年データ

特集

◆【特集】「万馬券必至」荒れる夏のハンデ重賞 出走予定・枠順、予想オッズ、過去10年データ・傾向

◆【まとめ】芸能人・予想家の本命・注目馬予想一覧 先週「重賞W的中」絶好調◎をチェック

◆【高配当メソッド】ホウオウビスケッツら「馬券内率16.7%」該当で“波乱の予感” 4年前は3連単340万の夢馬券も

追い切り評価

◆【追い切り診断】巴賞組の一角に最高評価「S」 心身の充実を「陣営確信」か、中1週でも攻めの姿勢

◆【追い切り診断】想定“10人気”以下に「A」の高評価 稽古で走らないタイプが「珍しいほど気迫十分」

◆【追い切り診断】軽ハンデで“穴人気”に辛口「B」 洋芝に脚を取られた感あり「凡走に終わる」可能性

穴馬予想

◆【危険な人気馬】実力つける好調馬を“消し” 16連敗中の不吉条件と「0.0.2.13」が示すワンパン不足に懸念

データ分析・過去10年傾向

◆【枠順】上位人気勢に「0.0.1.28」の最悪データ 内枠有利も、外枠の実績馬は“買い”

◆【データ攻略】サヴォーナとホウオウビスケッツの「66 or 0%」 2頭の片方に“バッサリ消し”が浮上

◆【データ攻略】「3.1.4.0」合致の鉄板級ホース “厚く買える”想定4人気以下に軸馬のススメも

◆【危険な人気馬】実力つける好調馬を“消し” 16連敗中の不吉条件と「0.0.2.13」が示すワンパン不足に懸念

◆【血統展望】北の大地で覚醒する「ロベルトの血」 前走度外視可能の“想定7人気以下”は


◆【前走ローテ】巴賞組に「0.0.1.19」の不振データ 天皇賞・春組は「1.1.1.4」も好走は“条件付き”