【WBC】「誰もが歴史の一部になりたい」大谷翔平、衝撃の看板直撃“第1号”の行方に注目 ボールをキャッチしたのは…

 

【WBC】「誰もが歴史の一部になりたい」大谷翔平、衝撃の看板直撃“第1号”の行方に注目 ボールをキャッチしたのは…
12日オーストラリア戦の初回、WBC第1号を放った大谷翔平(C)Getty Images

野球の世界一を決めるワールド・ベースボール・クラシックWBC)は12日、プールB・1次リーグ第4戦日本対オーストラリアの試合が行われ、大谷翔平は「3番DH」で先発。初回にライトへの先制3ランを放った。

◆【実際の映像】「誰もが歴史の一部になりたい」大谷翔平、記念すべきWBC第1号の行方に公式が注目 

■4試合目にして生まれた一発

4試合目にして日本国民が待ち望んでいた一発が生まれた。

大谷は無死一、二塁で迎えた初回の第1打席、相手先発W.シェリフ の投じた2球目のカーブを捉えると、ボールは東京ドームにある自身の看板を直撃。特大の先制3ランとなった。

大谷の今大会第1号となったが、WBC公式ツイッターは大谷のホームランボールの行方に注目。動画では、ボールを受け取ったとみられる観客と関係者が話し込む様子が公開されている。

さらに、観客が大谷の記念ボールを回しながらスマートフォンで撮影する様が映されており、「誰もが大谷翔平のワールド・ベースボール・クラシックの歴史の一部になりたい」と記されている。

大谷が東京ドームで見せた衝撃のホームランが多くの観客の目を引き付けた。

◆【実際の映像】大谷翔平、ついに出たWBC第1号 自身の看板を直撃するライトへの特大先制3ラン

◆「米国では見られない光景」大谷翔平の“第1号”ボール、ファン同士で共有する日本人に米アナリストが関心

Advertisement


◆大谷翔平と“たっちゃん”も大爆笑 牧秀悟の試合前円陣が話題「あとから行く人たち、もう準備できてます」

文●SPREAD編集部