Advertisement

【プロ野球】絶滅危惧種の“サブマリン” 侍ジャパンからも姿を消したアンダースローの系譜を継ぐ者はこの4選手

 

【プロ野球】絶滅危惧種の“サブマリン” 侍ジャパンからも姿を消したアンダースローの系譜を継ぐ者はこの4選手
2013年、侍ジャパンとして活躍した牧田和久(C)Getty Images

第5回となるワールド・ベースボール・クラシックWBC)が開催され、まさに真っ只中。第1次ラウンドを全勝で突破した侍ジャパンは、大谷翔平ダルビッシュ有など実績やスター性のある投手が躍動する中、日本代表のブルペンを見渡すと“サブマリン”投法のアンダースローの投手が姿を消した。

◆【WBC2023】侍ジャパン 日程、トーナメント表、中継情報、対戦国情報、試合結果一覧

■過去4大会ブルペン入りしたアンダースロー

侍ジャパンは、WBC過去4大会でアンダースローの投手がベンチ入りしていた。アンダースローの投手は世界的に見ても例が少なく、下から放るボールの軌道は独特で、オンリーワンの投手として重宝された。

第1回06年、第2回09年では、当時千葉ロッテマリーンズに在籍していた渡辺俊介が代表入り。第3回13年、第4回17年は、当時埼玉西武ライオンズに所属していた牧田和久が選ばれている。

渡辺は、2006年韓国戦に2度先発し、決勝ではキューバ相手に中継ぎとして登板。09年は中継ぎを任されるなど侍ジャパンのブルペンを支えた。

牧田は13、17年と主にクローザーとして君臨し、WBC通算4セーブを記録。2013年第2ラウンド1回戦の台湾戦では、投手にも関わらずダイビングキャッチを見せるなど、獅子奮迅の活躍だった。過去WBCでブルペンを支えた“アンダースロー”だが、今大会の侍ジャパンには一人もいない。

■メジャー挑戦も立ちはだかる壁

渡辺は2013年限りでロッテを退団し、レッドソックスとマイナー契約。だが、14年のスプリングトレーニングで結果を残すことができず、3月にレッドソックスを解雇され、メジャー挑戦は道半ばで終わってしまった。

牧田もメジャーへ挑戦した一人。2017年オフにポスティングシステムで西武からメジャーリーグのサンディエゴ・パドレスへ移籍。この頃から“フライボール革命”が浸透してきたメジャーでは、アンダースローの特性を生かした、下から高めに浮き上がる軌道のハイボールが武器となった。終わってみれば、メジャー1年目は27試合に登板し勝ち星なしの1敗2ホールド、防御率5.40という成績。2年目は2A、3Aでの登板が中心となり、メジャーのマウンドに戻ることは叶わなかった。

■絶滅危惧種のアンダースローNPB現役は4人

今や希少となったアンダースローでプロ野球に所属している投手は4名。福岡ソフトバンクホークスの高橋礼、ライオンズの與座海人、オリックス・バファローズの中川颯、そして北海道日本ハムファイターズ鈴木健矢のみである。

Advertisement


高橋は、WBSCプレミア12で日本代表経験を持ち、3試合投げて2勝、防御率1.50と安定感を見せた。レギュラーシーズンでは、2020年こそ52試合の登板で4勝2敗、防御率2.65の数字を残すも、翌年には11試合を投げ1勝1敗、防御率5.82と大きく成績を落とし、昨季は僅か4試合の登板に終わった。

與座は昨季20試合を投げ10勝7敗、防御率2.88の数字を残し飛躍の年となった。これからに期待したい選手だ。オリックスの中川はプロ3年目の若手で、一軍登板は1試合のみ。今季は育成契約で勝負することとなり、厳しい道のりが続くと予想される。

今や常時150キロを超える球を投げる投手や、コントロールが良く多彩な変化球を持つ選手が当たり前のような時代。“サブマリン”投法は近い将来、侍ジャパンだけでなく、プロ野球からも消えてしまうかもしれない。現役でアンダースローを貫く選手たちには、ぜひこれからもその勇姿をファンに見せて欲しい。

◆アメリカを救ったのは主将マイク・トラウト コロンビアを逆転で下し準々決勝へ、プールCを2位通過

◆「ベイスターズ以上のチームない」とサイ・ヤング賞右腕トレバー・バウアーが抱負 三浦大輔監督も「現役バリバリ」と興奮

◆トラウタニ“夢の対決”は消滅 エ軍指揮官が大谷翔平の登板日程言及、イタリア戦で“親友”と激突へ

文●SPREAD編集部

Advertisement