【WBC】逆転の打点あげ世界一貢献のラーズ・ヌートバー「人生最良の選択だった」と感動、父チャーリーさん「死んでもいい」

 

【WBC】逆転の打点あげ世界一貢献のラーズ・ヌートバー「人生最良の選択だった」と感動、父チャーリーさん「死んでもいい」
WBC決勝で同点ホームランを放った村上宗隆と、勝ち越しの打点をあげたラーズ・ヌートバー(C)Getty Images

野球の世界一を決めるワールド・ベースボール・クラシックWBC)は21日(日本時間22日)、決勝の日本対アメリカ戦が行われ、侍ジャパンが3-2でアメリカを下し、14年ぶり3度目の優勝を成し遂げた。

◆ダルビッシュ有、大谷翔平の豪華リレー世界一に現地記者も大興奮、そして「映画だ」と絶句

■ヌートバー「最高に幸せ」

侍ジャパンのすべての試合で先頭打者として躍動したラーズ・ヌートバーは、この日の試合で快音こそなかったものの、2回1死満塁で回ってきた第2打席、内野ゴロで1点をもぎ取り、逆転に成功した。

ヌートバーは試合後「このチームの一員でいられて本当に光栄。(日本代表加入は)これまでの人生で最良の決断だったと思う。このチームに加わることができ、成し遂げようと思った偉業を達成することができた。(ダルビッシュ)有にも感謝しています。信じられない。最高に幸せだ」とその喜びを爆発させた。

ヌートバーの父、チャーリーさんは日本語でインタビューに応え「すごい、最高。死んでもいい」とその感動を表現した。

母・久美子さんは「(ラーズの金メダルを指差し)こんなのもらっちゃってすごいですよね。日本のファンのみなさん、本当にありがとうございます。地元の東松山のみなさん、ありがとうございます。最初信じられなかったんですけど、みなさんにあたたかく受け入れてもらって最高のチームだったと思います」と興奮覚めやらぬ様子だった。

◆世界一奪還 大谷翔平、優勝トロフィーに「本当に重い」を連発

◆「本当に夢見てたところ」胴上げ投手の大谷翔平、悲願の世界一に喜び トラウトとの劇的幕切れは「最高の結果」

◆世界一・侍ジャパン、同点弾の村上宗隆「嬉しいが悔しい。レベルアップするよう頑張る」と決意表明

Advertisement


文●SPREAD編集部