Advertisement

【WBC】大谷翔平、対トラウトへの思いを明かす「自分のベストを超えるボールを投げないと抑えられない」

 

【WBC】大谷翔平、対トラウトへの思いを明かす「自分のベストを超えるボールを投げないと抑えられない」
WBC決勝9回2死で迎えたマイク・トラウトとの直接対決を制した大谷翔平(C)Getty Images

ワールド・ベースボール・クラシックWBC)は21日(日本時間22日)、米フロリダ州マイアミのローンデポパークで決勝が行われ、日本が3-2で米国を撃破。2009年第2回大会以来、3大会ぶりの世界一となった。大会MVPには大谷翔平が選ばれた。

◆【動画あり】最終回に夢の対決が実現、「大谷翔平 vs.マイク・トラウト」全球プレーバック

■フルカウントからスライダーで三振

すべての野球ファンが夢見た対戦が実現した。9回2死無走者でマウンドには大谷、打席にはマイク・トラウト。「チームメート対チームメート」「MVP対MVP」「ユニコーン対最強打者」……。数々の言葉で彩られた究極の対決は、3-2から大谷がスライダーで空振り三振に打ち取りゲームセット。その瞬間、大谷はグラブを放り投げ、歓喜の雄叫びを上げた。

最終回にマイク・トラウトを三振で仕留め、WBC優勝を決めた大谷翔平(C)Getty Images

大谷は対トラウトを振り返り、「打たれても抑えても悔いの残らないボールを投げようと思っていた。素晴らしい打者なので、何とか抑えることができて良かった」とコメントした。

また、中継局「FOX Sports」のインタビューでは、昨年米殿堂入りを果たしたレジェンド、デビッド・オルティス氏から「チームメートのトラウトに何であんなにえぐいボールを投げたの?」とジョーク交じりに問われると、「誰よりも彼のすごさを見てきたし、素晴らしい人間性も含めて彼のことはチームメートが一番分かっている。自分のベストを超えるボールを投げないと抑えられないと思った」とし、心境を明かした。

■識者も興奮「なんという大会だろう」

WBCの優勝トロフィーを手にした大谷翔平(C)Getty Images

この対決には米メディアも興奮。「ESPN」のジェフ・パッサン記者は「侍ジャパンがWBCチャンピオンになった。大谷 vs. トラウトはフルカウントからのスライダーをトラウトが空振りし、幕を閉じた。なんて試合なんだ。なんという大会だろう」とツイート。大谷ファンとしても知られる「FOX Sports」のアナリスト、ベン・バーランダー氏も「翔平とトラウトの対戦で世界一が決まる。信じられない」とつづった。また、「MLB・com」のサラ・ラングス記者はMVP獲得の大谷を称え、「大谷より強い球を打ち、強い球を投げた選手は大会全体で他にいない」とした。

自身のキャリアの中で、今回の優勝の“価値”は「今までの中でトップ」と答えた大谷。人生最高の栄誉を手にし、さらなる進化を遂げるのか。シーズンの戦いからも目が離せない。

Advertisement


◆世界一貢献のラーズ・ヌートバー「人生最良の選択だった」と感動、父チャーリーさん「死んでもいい」

◆「本当に夢見てたところ」胴上げ投手の大谷翔平、悲願の世界一に喜び トラウトとの劇的幕切れは「最高の結果」

◆世界一・侍ジャパン、同点弾の村上宗隆「嬉しいが悔しい。レベルアップするよう頑張る」と決意表明

文●SPREAD編集部