【WBC】2013年侍ジャパン・鳥谷敬が振り返るハイライト 「大谷選手の表情がすべての魅力」

 

【WBC】2013年侍ジャパン・鳥谷敬が振り返るハイライト 「大谷選手の表情がすべての魅力」
2013年侍ジャパン・メンバー鳥谷敬 撮影:SPREAD編集部

2013年ワールド・ベースボール・クラシックWBC)の侍ジャパン・メンバーで、野球解説者の鳥谷敬は23日、都内で行われた「スカパー!プロ野球2023開幕PRイベント」に登壇。14年ぶりとなる世界一奪還について振り返りつつ、今季のプロ野球シーズンを展望した。同イベントにはスカパーの新CMに出演しているお笑いトリオ「ハナコ」の菊田竜大、秋山寛貴、岡部大も登場した。

◆大谷翔平、対トラウトへの思いを明かす「自分のベストを超えるボールを投げないと抑えられない」

■トラウトも「お前やっぱスゴイな」

メキシコ戦の9回先頭で出塁し、後続を鼓舞する大谷翔平(C)Getty Images

前日、侍ジャパンの14年ぶり優勝という最高の形で締めくくったWBCについて、鳥谷は「感動しましたよね。本当に、大谷選手から始まって、最後大谷選手が『投げる』と思わなかったところ投げて、(ロサンゼルス・エンゼルスでの)チームメートから三振をとって……。そのときのトラウト選手の顔も、打ち取られてるけど、リスペクトしているような。あの光景が忘れられない」と感嘆。

WBCで一番感動した場面を問われると「大谷選手の要所要所の表情。イタリア戦で投げているとき、メジャーでも1球1球全球で声出すのは見たことないのに、声を出していたり。メキシコ戦(9回先頭打者として)でツーベースを打ってベンチを鼓舞する…あの表情とか。あとはもう最後、三振とって帽子投げて、みんなに向かうあの表情。大谷選手の表情っていうのは、WBCの魅力だったなあと思いますね」と振り返った。

決勝戦の9回裏、盟友マイク・トラウトとの対戦について「(トラウトは)悔しさもある中での『お前やっぱスゴイな』っていうリスペクトも非常に顔に出てましたし、あの場面で、あの状況が揃うっていうのが、お互いの運命的なものだったと思います」と熱く語った。

◆3度目の王者戴冠、大谷翔平「日本の野球は世界に通用する」と自信、野球界の先輩にも感謝

◆大谷翔平、世界一は「間違いなくベストな瞬間、3年後も出る」と断言

◆ダルビッシュ有、大谷翔平の豪華リレー世界一に現地記者も大興奮、そして「映画だ」と絶句

Advertisement


文●SPREAD編集部