ベイスターズ70周年記念ユニフォームを着た山崎康晃「歴史を感じ、身の引き締まる思い」

129日、横浜DeNAベイスターズ「70th ANNIVERSARY PROJECT」発表記者会見が行われ、アレックス・ラミレス監督、山崎康晃投手が登壇した。

70th ANNIVERSARY PROJECT」は、球団創設70周年を記念したイベント。横浜大洋ホエールズ時代のオーナーであるマルハニチロがオフィシャルスポンサーに就任している。積み重ねてきた歴史を振り返り、感謝の気持ちを表す様々な企画だ。

今回は、2019年シーズンの「70th ANNIVERSARY GAME6試合に着用するユニフォームを発表。併せて、2019年シーズンの球団が掲げるスローガンが発表された。

ラミレス自身が発案の2019年シーズンのスローガン

2019年のスローガンは、Go Beyond the Limit。これはラミレス監督自身が発案したものだ。

「実はこの言葉は去年の4月に、広島戦を終えた帰りの飛行機の機内で思いつきました。シーズン後にもう一度思い出し、来年にとって良いのではないかと思ってこのスローガンにしました」とラミレス監督。

昨シーズン、チームは4位。優勝するためにはより高い場所に目標を置くことが必要であるとの思いから、この言葉になったそうだ。

記念ユニフォームを着た山崎康晃が登場

イベントでは山崎投手が「70th ANNIVERSARY GAME」限定で着用するユニフォームを着用して登壇。このユニフォームは、歴代のユニフォームの中から様々なエッセンスを取り込んだもの。70年の歴史が詰まっている。

ユニフォームに袖を通してみて感じたことはという質問に対し、山崎投手は70年の歴史を感じて気が引き締まる思いです」とコメント。

また、一番気に入っているのはどこか、という質問に対しては、「胸のエンブレムです。過去の先輩たちの重みを感じ、なおかつつながりを感じながらプレーできます」と話していた。

この「70th ANNIVERSARY PROJECT」の企画の第1弾として、2019年310()のオープン戦を、球団創設の地である下関で開催する。試合当日は選手らが大洋ホエールズ復刻ユニフォームを着用するとのことだ。

 山崎康晃の気配りに人柄を垣間見る

会見後、山崎投手はいったん会場を出たが、多くの報道陣のリクエストに応え再度登壇。細かいポーズの要求にこたえ、向けられたカメラに終始笑顔で対応していた。

写真撮影後にも、報道陣に対してきちんと撮れていたかを確認するなどの気配りもみせており、山崎投手の人柄の良さも垣間見られた。

≪関連記事≫

慣れないスーツにドキドキの名刺交換!ベイスターズ新入団選手DeNA本社訪問 写真満載レポ

横浜愛を貫いた25年間、“永遠番長”三浦大輔のコーチ就任にファン「お帰り」

”ハマのプーさん”こと宮崎敏郎、プーさんのコスプレを披露!「かわいい」とファンから反響…手にはぬか漬け用の壺

宮崎敏郎、引退の加賀繁との2ショットを公開…セレモニーに続いてファンの涙腺を刺激

「ヤクルト川端の妹」という看板を背負い続けた川端友紀 女子プロ野球から引退を決めたわけ

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします