【桜花賞/データ攻略】スターズオンアースも該当の“6年連続馬券内” 虎視眈々と1強崩しを狙う1勝馬

 

【桜花賞/データ攻略】スターズオンアースも該当の“6年連続馬券内” 虎視眈々と1強崩しを狙う1勝馬

今週は阪神競馬場でGI・桜花賞(芝1600m)が行われる。例年であればチューリップ賞組が主軸を担うレースだが、今年は阪神ジュベナイルF勝ち馬リバティアイランドが前哨戦を使われることなく参戦。前哨戦のレースレベルやポテンシャルの比較も重要なファクターとなりそうだ。

過去10年のデータ分析から浮かび上がったキーワードをもとに出走馬を分析していく。ここでは「プラスデータ」としてドゥアイズを取り上げる。

◆【桜花賞2023予想/追い切り診断】リバティアイランドに迫る高評価「A」 「この馬の力はフルに出せる」

■前走で時計勝負の適性も証明

阪神ジュベナイルFは10番人気の低評価を覆す激走。デビュー以降馬券外なしと抜群の安定感を誇るのがドゥアイズだ。リバティアイランドがいる一戦において中心にいる馬とは言い難いものの、再度上位進出をはたす可能性を示すデータがこちら。

・デビューから4戦連続で馬券内を確保→6年連続馬券内

昨年の勝ち馬スターズオンアースも該当のデータ。2歳時のこの馬は時計・上がりのかかる競馬への適性で上位進出をはたしていた印象だったが、前走クイーンCは稍重で1分33秒1をマーク。これまでの好走がフロックではないことを証明した。今回も伏兵扱いかもしれないが、ノーマークは禁物だ。

▼桜花賞2023データ攻略記事

◆【データ攻略】人気✕実績の「3.2.2.2」は追い風 「前が壁」以外なら馬券内は確実

◆【データ攻略】ラップが証明する“GI馬券内率100%” 前走惨敗で馬券妙味が急浮上

Advertisement


◆【データ攻略】“押さえ推奨”は想定2桁人気の重賞馬 「1.1.2.0」が導く波乱の予感

◆【WIN5予想】東西メイン“一点突破”で「5-3-2-1-1」30点 WIN3は想定オッズ“2桁”で高配当狙い

桜花賞2023予想コラム一覧

▼騎手データ
◆【騎手データ】リバティアイランド・川田に“押さえ”評価 軸は「2着4回」の際立つ安定味

▼追い切り診断

◆【追い切り診断】ライトクオンタムを上回る「S」の最高評価 「完成度の高い走り」

◆【追い切り診断】リバティアイランドに迫る高評価「A」 「この馬の力はフルに出せる」

◆【追い切り診断】前走重賞Vに不満の「B」評価 「“メイチ”はオークスということか…」

◆【追い切り診断】2歳女王“逆転”候補に伏兵を指名 「全力投球とも思える攻め」

Advertisement


▼穴馬予想

◆【危険な人気馬】前走重賞Vの人気馬は“消し” 「昨年のナミュールも10着」の背景

▼血統傾向

◆【血統傾向】馬体増で単回収値「340」に 当たり年の産駒がクラシックを席巻

◆【血統傾向】想定オッズ“2桁”の1勝馬を抜擢 父の影響か「フルゲートで高い勝率」

▼その他、過去10年データ傾向

◆【枠順】ライトクオンタムの1枠は勝率0% 単回収値「225」の5枠は「道悪の鬼」

◆【前走ローテ】リバティアイランドに“鉄板”条件 チューリップ賞組は「2着以下」を狙え

◆【脚質傾向】近年のトレンドは“前” 2歳女王の末脚封じに重賞Vの2騎を抜擢

◆【人気傾向】リバティアイランドに“黄信号” 昨年10着……「1人気8連敗」の黒歴史

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「2023桜花賞-データ分析編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。