根尾昂、プロ野球でもパワプロ応援歌継続!中日応援団の発表にファン歓喜

 

View this post on Instagram

 

中日スポーツさん(@chunichi_sports)がシェアした投稿


2月1日、中日ドラゴンズ応援団より根尾昂選手の応援歌が発表された。

今回発表された根尾選手の応援歌は2曲。高卒新人選手の入団時に応援歌が用意されることは稀だ。しかも、一般的にプロ野球選手の応援歌といえば1人に対し1曲なので、まさに異例中の異例といえる。

今回発表された応援歌は、根尾選手が大阪桐蔭高校在学中に使われていたものと同じもの。甲子園などで演奏された曲がプロ野球でも引き続き応援歌として使われることは珍しく、こちらもレアケースといえるだろう。

ちなみに、根尾選手の応援歌は、人気野球ゲーム「実況パワフルプロ野球」のプレイ中に流れるBGMをアレンジしたもの。

2018年には、大阪桐蔭高校吹奏楽部の演奏を聴いたコナミ(実況パワフルプロ野球の制作会社)から「アレンジバージョンをゲームで使いたい」と申し出があり、ゲームに「逆輸入」されたことでも話題となった。

根尾選手の応援歌は、ノリがよく親しみやすいメロディーということもあり、甲子園で活躍していた頃から「プロ野球でも引き続き使って欲しい」という声が挙がっていた。

今回の発表により、図らずもいくらかのファンの希望が叶ったことになる。非常に珍しいこの出来事に、ツイッターは喜びの声が多数書き込まれていた。

≪関連記事≫

大阪桐蔭・根尾はポケモンに例えるとイーブイ?遊撃手、投手、外野手…様々な進化系を秘める

【甲子園12日目】小園・藤原・根尾のプロ注目野手トリオが登場!高校野球ファンも歓喜に溢れる

本命は根尾昂?中日ドラゴンズの2018ドラフト1位指名予想

中日ドラゴンズ・ビシエドがかわいいと話題に…温和な性格の助っ人は首位打者獲得へ絶好調

インタビュー

狩野舞子が“リアルな”新作ゲーム『スパイク バレーボール』に挑戦したら「バレーボールあるある」が満載だったPR

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします