Advertisement

【MLB】大谷翔平、驚異の防御率0.47の秘密はメジャーいち46センチのスウィーパー 公式サイトも絶賛

 

【MLB】大谷翔平、驚異の防御率0.47の秘密はメジャーいち46センチのスウィーパー 公式サイトも絶賛
今季2勝目を挙げた大谷翔平(C)ロイター/USA TODAY Sports

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平が11日(日本時間12日)、本拠地でのワシントン・ナショナルズ戦に「3番DH・投手」の二刀流で先発出場し、7回1安打無失点で今季2勝目(メジャー通算30勝)を挙げた。

これで大谷は先発投手として10試合連続で2失点以下をマーク。これは1972、73年シーズンにノーラン・ライアンが記録した9試合連続を超える球団記録となった。

◆【実際の映像】トラウトを三振に打ち取ったスウィーパーと160キロストレートのオーバーレイ解析図

■メジャー最多奪三振投手超え

「伝説の投手」としてさしつかえないライアンは「ノーコン」とレッテルを貼られ、5年間を過ごしたニューヨーク・メッツからトレード、72年からエンゼルスに。このシーズン、フォーム改造に取り組み大ブレイク。エンゼルス在籍8年で5度もシーズン300奪三振を記録。通算で324勝ながら、5714奪三振は史上最多記録だ。

そんな大投手を超える球団記録をマークした大谷について、MLB公式サイトは分析記事を掲載。「ほぼ打てない大谷」の秘密は、昨シーズンから多投している「スウィーパー」にあるとしている。スウィーパーはスライダーの進化形といっていいだろう。

3月に行われたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)において、侍ジャパン14年ぶりの優勝を決めたシーン、大谷が盟友マイク・トラウトを打ち取った最後の一球もスウィーパー。多くの日本人の目に焼き付いているであろう球種だ。

公式サイトは、この球種を「今、メジャーでもっとも熱い投球」として「大谷以外に誰がいるというんだ」と大絶賛している。

なにしろ、ホームベースの横幅が43.18センチであるのに対し、大谷のスウィーパーの平均スライド幅は約46センチ。つまりクルマのタイヤ・ホイールほどの動いて行く寸法だ。これはMLB投手によるスウィーパーの平均よりも10センチ大きいという。平均で約10センチ落ちる。

これを160キロのストレートと織り交ぜられたら、さすがのトラウトも三振の結果に終わったということだ。

Advertisement


今季、大谷の防御率は0.47。果たしてこの快投がどこまで続くのか。それが長ければ長いほど、サイ・ヤング賞争いが見えてくるに違いない。

◆大谷翔平、驚異の防御率0.47で7回6奪三振無失点 打っては34試合連続出塁も記録

◆サイ・ヤング賞豪腕デグロムとの比較で思い知る、投手・大谷翔平の”ギアチェンジ”力

◆大谷翔平の移籍先候補にカブスの名前浮上も…「ドジャースかパドレス以外なら驚く」と重鎮記者が打ち消す

文●SPREAD編集部