【皐月賞/追い切り診断】ファントムシーフを上回る「S」の最高評価 「異例ローテもこのデキなら」

 

【皐月賞/追い切り診断】ファントムシーフを上回る「S」の最高評価 「異例ローテもこのデキなら」

■ソールオリエンス

【中間調整】半兄にヴァンドギャルド(2021年ドバイターフ2着、2022年同3着など)。新馬戦は辛勝だったが、出遅れを挽回し、直線では猛追してきた馬の目標にされたことを考ええば着差以上の内容だったと言える。そこから中8週で挑んだ京成杯では中団後方で折り合い良く追走。3角あたりからジワッと進出するも、4角で逆手前となり外へ大きく膨れてしまった。並の馬なら大敗してもおかしくなかったが、ソールオリエンスは態勢を立て直してから豪快に伸び、結局2着に2馬身半差の快勝を収めている。

◆【皐月賞2023予想/追い切り診断】ソールオリエンスに迫る高評価「A」 「“遅れ”の裏にある意図で納得」

その後は成長と休養を兼ねての休みを取り、皐月賞への直行は既定路線。放牧先の山元トレセンから3月18日に美浦に戻り、19日にはさっそくウッドで13-13をこなせたあたり、牧場でのケアと鍛錬はよほど進んでいたと見ていい。以降ウッドと坂路を併用し順調に時計を短縮。横山武騎手が騎乗した1週前のウッド併せ馬では稽古駆けする先行馬が作り出す速いぺースを追走。直線では抵抗する相手をねじ伏せて抜け出し、大きく先着を果たしていた。

【最終追い切り】レース当週も横山武史騎手が騎乗しウッドで併せ馬。今回はさすがにゆったり入ったが、相手は1週前と同じ。5馬身追走したが直線入口ですんなり取り付き、そこから滑らかに加速すると楽々と抜け出し、半馬身の先着を果たしている。取り付いていく際の気迫十分。

【見解】粗削りながら重賞で快勝を収めたようにポテンシャルは底知れない。外厩で基礎鍛錬はもちろん、競走馬としての完成度をより高める調整をしっかりこなしてきたようで、帰厩後の動きはスムーズそのものだ。コース調整でのコーナーワークなどにまったく不安は感じられない。もちろん、脚力、反応はより研ぎ澄まされており闘志も満々といったところ。京成杯からの直行組は好走例きわめて少ないが、このデキならと思わせるものがある。

総合評価「S」

◆【皐月賞2023予想/騎手データ】ファントムシーフとルメールは“過信禁物” 中山GI「勝率100%」条件の軸候補とは

▼その他、追い切り診断
◆【追い切り診断】ソールオリエンスに迫る高評価「A」 「“遅れ”の裏にある意図で納得」

◆【追い切り診断】前走重賞Vに辛口「B」評価 「試行錯誤も裏目に出ている感が…」

Advertisement


◆【追い切り診断】想定“10人気”前後に「買い」の高評価 「前走時を大きく上回る」

皐月賞2023予想コラム一覧

▼騎手データ
◆【騎手データ】ファントムシーフとルメールは“過信禁物” 中山GI「勝率100%」条件の軸候補とは

▼データ攻略
◆【データ攻略】“勝率100%”を武器に挑むGI奪取 実証済みの馬場適性に勝機

◆【データ攻略】過去4頭中3頭が優勝馬 想定“8人気”に「負けて強し」の裏付け

◆【データ攻略】連勝中の人気馬に「3.2.0.1」 最強の“ジョーカー”起用で注目度上昇

◆【データ攻略】名牝と双璧の“34秒0”に着目 重賞ウイナーを上回るポテンシャル

◆【WIN5予想】メインは「想定8人気」で高配当狙い ”一点突破”はWIN2の実力GI級

Advertisement


▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】前日“10人気”前後の刺客 「タフな競馬になるほど浮上する」

◆【穴馬アナライズVol.2】単勝オッズ“2桁”想定の妙味 「前走敗戦は課題克服で収穫あり」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定“14人気”前後の爆穴 「この人気落ちは押さえて損なし」

◆【危険な人気馬】重賞ウイナーは“バッサリ”消し 「この1勝はアドバンテージにならず」

▼血統傾向
◆【血統傾向】重賞未勝利馬にGI制覇の可能性 条件替わりで【9.7.3.25】の本領発揮へ

◆【血統傾向】勝率「5割超」の【5.2.0.2】を信頼 “成長”次第で馬券内率100%の鉄板軸

▼その他、過去10年データ傾向

◆【枠順】ソールオリエンスは“試練”の1枠 2年連続連対の7枠に伏兵が入る

◆【前走ローテ】共同通信杯“2着以内”が中心も、主要トライアル2鞍に潜む盲点とは

◆【脚質傾向】ソールオリエンスは“4角位置”がカギ 「10番手以下」はわずか1勝

◆【人気傾向】ソールオリエンスかファントムシーフか、1人気に“警鐘” 狙いは「重賞Vで人気落ち」

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。

【随時更新】函館記念2024 予想コラム一覧/過去10年データ

特集

◆【特集】「万馬券必至」荒れる夏のハンデ重賞 出走予定・枠順、予想オッズ、過去10年データ・傾向

◆【まとめ】芸能人・予想家の本命・注目馬予想一覧 先週「重賞W的中」絶好調◎をチェック

◆【まとめ】「函館記念2024」大口投票パトロール デビットバローズの複勝を多額購入か

◆【高配当メソッド】ホウオウビスケッツら「馬券内率16.7%」該当で“波乱の予感” 4年前は3連単340万の夢馬券も

追い切り評価

◆【追い切り診断】巴賞組の一角に最高評価「S」 心身の充実を「陣営確信」か、中1週でも攻めの姿勢

◆【追い切り診断】想定“10人気”以下に「A」の高評価 稽古で走らないタイプが「珍しいほど気迫十分」

◆【追い切り診断】軽ハンデで“穴人気”に辛口「B」 洋芝に脚を取られた感あり「凡走に終わる」可能性

穴馬予想

◆【穴馬アナライズ】前日“8人気”以下の妙味 「大箱→小回り」コース替わりのタイトな競馬で闘志にスイッチ

◆【穴馬アナライズ】馬具の工夫と気配ガラリ、前走内容から「復活の兆候」あり 単勝オッズ“2桁”確定の刺客

◆【穴馬アナライズ】想定“12人気”前後の盲点 滞在競馬と洋芝適性で一変の「豪快マクリ」で穴を開ける

◆【危険な人気馬】実力つける好調馬を“消し” 16連敗中の不吉条件と「0.0.2.13」が示すワンパン不足に懸念

データ分析・過去10年傾向

◆【枠順】上位人気勢に「0.0.1.28」の最悪データ 内枠有利も、外枠の実績馬は“買い”

◆【データ攻略】サヴォーナとホウオウビスケッツの「66 or 0%」 2頭の片方に“バッサリ消し”が浮上

◆【データ攻略】「3.1.4.0」合致の鉄板級ホース “厚く買える”想定4人気以下に軸馬のススメも

◆【危険な人気馬】実力つける好調馬を“消し” 16連敗中の不吉条件と「0.0.2.13」が示すワンパン不足に懸念

◆【血統展望】北の大地で覚醒する「ロベルトの血」 前走度外視可能の“想定7人気以下”は


◆【前走ローテ】巴賞組に「0.0.1.19」の不振データ 天皇賞・春組は「1.1.1.4」も好走は“条件付き”