【WRC】ヒョンデのクレイグ・ブリーンが事故死 レース界が哀悼の言葉で埋まる

 

【WRC】ヒョンデのクレイグ・ブリーンが事故死 レース界が哀悼の言葉で埋まる
事故死したヒョンデのクレイグ・ブリーン (C) Getty Images

FIA世界ラリー選手権WRC)を戦うヒョンデのクレイグ・ブリーンが13日、事故死した。

◆【実際の映像】クレイグ・ブリーンのスリリングなドライビング

■クロアチア・ラリーのテスト・イベントで

4月20日から開催される第4戦クロアチア・ラリーを前にしたプレイベントテストで起きたアクシデントによるものと14日、ヒョンデが発表した。コ・ドライバーのジェームス・フルトンは無事とのこと。

今季第2戦スウェーデン・ラリーで自己最高位タイの2位に入ったばかりだった。

これにはラリー界のみならず、世界のレース界から哀悼の言葉が寄せられている。

FIAモハメド・ビン・スライエム会長は「FIAを代表して、クレイグ・ブリーンがテスト事故で亡くなったことを受け、彼の家族と友人に心からお悔やみを申し上げます。私たちの思いと祈りは、彼と共にあります。この困難な時期に、愛する人たちとラリー・コミュニティのために」と声明を発表。

昨年のラリー・ジャパンで優勝を果たしたチームメートで親友のティエリー・ヌービルも 「チームメートであり、友人だったブリーンを失った。ステアリング・ホイールを前に(ラリーを走る)君の喜びは何よりで、ラリーへの情熱は計り知れなかった。君の記憶は深く心に残るだろう。君を失って寂しいよ。友よ、安らかに」とSNSに綴ると、昨季王者のカッレ・ロバンペラも「クレイグ、安らかに眠ってください。今宵、私もあなたの家族や友人とともにいます」と投稿。

F1ドライバーのバリテリ・ボッタス、フォーミュラEのストフェル・バンドーンらも追従し、追悼の言葉を綴った。

ブリーンはアイルランド出身、33歳だった。

Advertisement


◆【実際の映像】表彰台の喜びを語るクレイグ・ブリーン

◆【後編】第3戦ラリー・メキシコ最終日 トヨタのセバスチャン・オジエが優勝 「完璧な週末」とご満悦 

◆世界ラリー選手権2023年シーズン特集 トヨタは3年連続3冠獲得なるか、カッレ・ロバンペラの連覇は… 速報・結果一覧

文●SPREAD編集部