Advertisement

【NBA】八村塁、ついに覚醒か チーム最多得点でレブロン・ジェームズも「大きな役割を担う」と絶賛

 

【NBA】八村塁、ついに覚醒か チーム最多得点でレブロン・ジェームズも「大きな役割を担う」と絶賛
ベンチスタートでチーム最多29得点した八村塁 (C) Getty Images

八村塁がついに覚醒か。

NBAプレーオフは16日(日本時間17日)、ウェスタン・カンファレンスのプレーインを勝ち抜いたロサンゼルス・レイカーズと第2シードのメンフィス・グリズリーズとが対戦、128-112でレイカーズが勝利し、1回戦の初戦をものにした。

◆【実際の映像】八村塁のチーム・トップの活躍を報じるNBA公式

■相手ベンチ得点をひとりで上回る

この試合、ベンチスタートとなった八村塁が大爆発。第1クォーター6分30秒から投入されると前半は8得点。第3クォーターには要所で3ポイントシュートを決めるなど、全14本中11本のフィールドゴールを決めFG成功率78.6%。3ポイントは6本中5本を決め、29分出場で29得点6リバウンドだった。

レイカーズは、オースティン・リーブスが23得点、アンソニー・デイビスが22得点、レブロン・ジェームズが21得点の働きながら、八村はチーム最多得点を記録。これこそがドラフト1位指名選手に期待された活躍だろう。

八村がプレーオフに出場するのは2021年ワシントン・ウィザーズでの1回戦、対フィラデルフィア・セブンティシクサーズ戦以来。その第4戦では20得点、第5戦21得点、ここでチームは敗退したものの大舞台で気を吐いた。その2試合からこの試合まで続けてプレーオフ3試合連続20得点以上を記録。ウィザーズからの放出を古巣に後悔させるからのような躍動だった。

なにしろグリズリーズのベンチ・メンバー全得点は24。八村はひとりでこれを上回った。これにはジェームズも「彼がどんなタイプか知っている。彼は(偉大な)選手になることができる。我々の目標を達成するためには、彼がその大きな役割を担う必要がある」と期待を隠さなかった。

果たして八村は、このプレーオフで覚醒、NBA入りから見込まれた真価を発揮しレイカーズをけん引することができるのか。チーム残留に向けても非常に重要な試合が続く。

◆【実際の映像】八村塁のチーム・トップの活躍を報じるNBA公式

Advertisement


◆レブロン・ジェームズが成し遂げた通算最多得点記録のすごさ 八村塁を例に考える

◆3度目の日本人対決で八村塁はスタメン起用となるのか… 電撃トレードから地元記者がその活躍を予想

文●SPREAD編集部