【フローラS2023/人気・血統傾向】1人気を上回る馬券内率“70%”が軸候補 最多2勝を誇る父系の産駒に注目

 

230423_フローラS_人気

23日に東京競馬場で開催される第58回フローラステークス(GII、芝2000m)の過去10年データを紹介する。

兄姉に重賞ウイナーのマジックキャッスルやソーヴァリアントを持つソーダズリング(栗東・音無秀孝厩舎)、祖母アゼリが2002年米・年度代表馬の良血馬ドゥムーラン(美浦・尾関知人厩舎)、母が2014年オークス馬・ヌーヴォレコルトのイングランドアイズ(栗東・安田翔伍厩舎)ら良血馬のほか、前走・君子蘭賞を3馬身差で快勝したキミノナハマリア(栗東・千田輝彦厩舎)らが出走予定だ。

ここでは予想のヒントになる過去10年データをもとにした「人気傾向」と過去5年データ(※出走予定の種牡馬)をもとにした「血統傾向」を紹介していく。

◆【フローラステークス2022予想/枠順・騎手データ】“5年連続”馬券内の好枠に「複勝率5割超」を誇る鞍上

◆【フローラステークス2023予想/前走ローテ】メインは重賞よりも1勝クラスの勝ち馬 昨年優勝のフェアリーS組は不在

■人気・血統傾向

※グラフが表示されない場合はこちら

■人気傾向

2番人気が複勝率70%で軸候補
1+2+3番人気の組み合わせは2014年の1回、1+2番人気は3回、1+3番人気は1回、2+3番人気は2回
→想定1人気:ソーダズリング
→想定2人気:イングランドアイズ
→想定3人気:キミノナハマリア

■血統傾向

唯一の連対があるのがハーツクライ産駒【0.1.0.8】連対率11.1%
ソーダズリング
バロッサヴァレー
ピクシレーション

Advertisement


ロベルト系産駒は【2.0.0.7】で最多2勝
ブライトジュエリー(エピファネイア)

◆【フローラステークス2022予想/枠順・騎手データ】“5年連続”馬券内の好枠に「複勝率5割超」を誇る鞍上

◆【フローラステークス2023予想/前走ローテ】メインは重賞よりも1勝クラスの勝ち馬 昨年優勝のフェアリーS組は不在

マイラーズカップ2023予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】実績上位にまさかの辛口「B」評価 「ドンと来いの状態とは…」

◆【追い切り診断】シュネルマイスターを上回る「S」の最高評価  「叩き台にあらず」

◆【追い切り診断】ソウルラッシュに迫る高評価「A」 「今がまさに充実期と言える」

◆【追い切り診断】重賞馬を上回る評価は想定“6人気” 「併せ馬で闘志満々」

Advertisement


▼データ攻略
◆【データ攻略】“勝率100%”は前走惜敗の重賞馬 騎手が証言「時計がかかる京都芝」が後押し

◆【データ攻略】“想定10人気”前後に馬券内率80% 惨敗続きも「距離適性◎」で再浮上の予感

◆【データ攻略】前走惨敗の有力馬に「3.0.0.1」 乗り替わりでも“積極的に狙う価値あり”

◆【データ攻略】馬券内“パーフェクト”条件で目論む重賞初V コース適性で好走の可能性

◆【WIN5予想】メインは条件合致の想定”5人気”で「一点突破」 WIN1~3は2桁オッズ含め高配当狙い

▼血統傾向
◆【血統傾向】マイルと抜群の適性な配合 勝率“5割超”が追い風のアタマ候補

◆【血統傾向】復調気配の重賞馬に単回収値「438」 複数の好走条件が重なる今回は“狙い目”

▼穴馬予想
◆【危険な人気馬】GI好走馬を“消し”評価 「勝ち馬が出世できていない」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】シュネルマイスターの6枠は“4年連続”馬券内 人気以上に好走する2枠に警戒

◆【前走ローテ】昨年覇者ソウルラッシュに勝率“0%”が再び 勝機は前走「GII」組にあり

◆【脚質傾向】シュネルマイスターは4角位置がカギ 最多5勝の先行は“ロンスパ”必須

文●SPREAD編集部