【MLB】大谷翔平のヤンキー・スタジアム100周年記念弾に愛憎相まみえるニューヨーカー 「はやくトレードしろ」と二刀流を要求

 

【MLB】大谷翔平のヤンキー・スタジアム100周年記念弾に愛憎相まみえるニューヨーカー 「はやくトレードしろ」と二刀流を要求
大谷翔平(C)ロイター/USA TODAY Sports

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は18日(日本時間19日)、敵地で行われているニューヨーク・ヤンキース戦に「2番DH」で先発出場。初回第1打席に今季4号先制2ランを放った。

◆【速報/結果】大谷翔平、第4号188キロ先制弾に今季初盗塁でヤンキース撃破 ジャッジとのMVP対決第1ラウンドを制す

■NY実況「あれは何の帽子なんだ?」

この日、試合前には旧ヤンキー・スタジアムの開場100周年を祝うセレモニーが行われたばかり。2008年9月21日、その歴史の幕を閉じた旧ヤンキー・スタジアムは、1923年4月18日に開場。そのオープニング・デーにベーブ・ルースがスタジアムの第1号ホームランを放った。

そのセレモニーの興奮冷めららぬ中、1回表無死二塁で訪れた大谷の第1打席、今季ヤンキー・スタジアムでの最初の打席、2ボールから最初のストライクを強振すると打球はアーロン・ジャッジの頭上を超え右中間スタンドに飛び込む先制2ランとなった。

これに米中継局ESPNが「ショータイムだ!」と応じるなど、興奮と称賛が相次いで見られた。

しかし、本拠地の100周年記念試合で、ビジター・チームに記念ホームランを打たれたニューヨーカーたちの心境は複雑だった。

地元ニューヨークの中継局が、エンゼルスの兜セレブレーションのシーンを映し出すと実況は「あれは何の帽子なんだ?」と冷めたトーンで解説。「とにかく0-2となりました」と悔しさをにじませた。

また、記念試合にもかかわらずスタジアム・ショップで「大谷翔平」と日本語の入った大谷のユニフォームを見つけたヤンキース・ファンは「なんで、こんなもの売ってるんだ」と放送禁止用語とともにSNSに投稿。エンゼルス・ファンから「そのうちニューヨーク・オオタニズにチーム名が変わるからじゃないの?」と反撃を受ける始末だ。

さらに大谷のホームランが飛び出した後には、俳優ゲイリー・オールドマンの絶叫動画を掲載し「早く誰かを大谷とトレードするんだ」と書き立てるファンも現れた。

Advertisement


本拠地の記念試合で、大谷のホームランに先を越された地元ファンにとって、大谷は投げても打っても複雑な心境をもたらすようだ。

◆【実際の映像】大谷翔平、アーロン・ジャッジも見送るだけ 今季4号先制2ランは188キロ高速弾

◆大谷翔平、第4号188キロ高速弾「ブロンクスでショーの幕開けだ」と実況も絶叫 ヤンキースタジアム100周年記念試合

◆大谷翔平、ピッチクロック違反の腹いせに主審にリベンジ 分析家も「スリ行為だ」と投稿

文●SPREAD編集部