Advertisement

【NBA】覚醒の八村塁がプレーオフ4戦連続20得点以上 レイカーズは黒星も

【NBA】覚醒の八村塁がプレーオフ4戦連続20得点以上 レイカーズは黒星も
プレーオフで4試合連続20得点以上の八村塁 (C) Getty Images

Advertisement

NBAプレーオフは19日(日本時間20日)、ウェスタン・カンファレンスのプレーインを勝ち抜いたロサンゼルス・レイカーズと第2シードのメンフィス・グリズリーズとが第2戦を行い、93-103でレイカーズが黒星を喫し、1回戦を1-1のタイに持ち込まれた。

◆【実際の映像】ジェームズに続くチーム2番目のポイントを上げた八村塁

■「自分はなんでもできる」と八村

しかし、第1戦に続きベンチスタートだったレイカーズの八村塁は躍動。32分プレーし、レブロン・ジェームズの28得点に次ぐチーム2番目となる20得点。5リバウンド2アシストだった。

Advertisement

これまでの八村と異なりエース級の活躍だ。

初戦で29得点した八村をグリズリーズも意識し、ダブルチームがつく場面も。それでも八村はフィジカル・アドバンテージを生かし得点を重ねた。フィールドゴール率は58.3%、3点シュートも50%と高い決定力を見せた。

八村は試合後、「コーチからもアグレッシブに行け、相手はフィジカルに攻めて来るから負けるなと言われた。だからそのとおりに攻めたよ」とコメント。3ポイント・シュートの成功率についても「リーグに入ってからずっと練習して来たもの(成果が出て)嬉しい」とした。さらに八村は「自分は3ポイントも打てるしダンクもできる、なんでもできる。だからディフェンスをしっかりしポジティブにプレーするだけ」と締めくくった。

八村はプレーオフに限ればワシントン・ウィザーズ時代の2021年から、これで4戦連続20得点以上。プレーオフこそが真価が問われるNBAでついに輝きを魅せている。レイカーズを2回戦へと押し上げるため、八村にはさらなる飛躍が期待される。

◆【実際の映像】ジェームズに続くチーム2番目のポイントを上げた八村塁

◆八村塁、ついに覚醒か チーム最多得点でレブロン・ジェームズも「大きな役割を担う」と絶賛

Advertisement

◆レブロン・ジェームズが成し遂げた通算最多得点記録のすごさ 八村塁を例に考える

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします