【女子ゴルフ】後藤未有、仁井優花が首位タイ発進 フジサンケイレディスクラシック初日

 

【女子ゴルフ】後藤未有、仁井優花が首位タイ発進 フジサンケイレディスクラシック初日
女子ゴルフの後藤未有(C)Getty Images

女子ゴルフの国内第8戦・フジサンケイレディスクラシック(静岡県・川奈ホテルゴルフコース 富士コース / 6457ヤード、パー71)は21日、第1ラウンドを行い、後藤未有仁井優花が通算4アンダーで首位タイ発進した。1打差3アンダー3位タイに、神谷そら、荒川怜郁、川岸史果がつけた。

◆安田祐香、菅沼菜々らの初優勝に期待 フジサンケイレディスクラシック

■後藤と仁井、どちらが勝っても初優勝

穏やかな天候に恵まれたものの、多くの選手が高麗グリーンに手こずり、なかなかスコアが伸ばせない初日となった。

そんな中、後藤は前半4バーディ、1ボギー、後半2バーディ、1ボギーの67。6つのバーディを積み上げてみせた。勝てば初優勝、プラチナ世代としては古江彩佳、西村優菜、吉田優利に続く4人目の優勝者となる。

同じく首位タイの仁井は、プロ2年目のシーズン。この日は前半3バーディ、ノーボギー、後半1バーディ、ノーボギーと、手堅いゴルフを見せた。初日ボギーフリーで回ったのは、仁井と山下美夢有の二人だけ。勝てば、彼女もツアー初優勝となる。

このほか、1打差3アンダー3位タイの神谷、荒川は、ともにプロ1年目の新人。2打差2アンダー6位タイの安田祐香、佐藤心結、権藤可恋も初優勝を目指す選手。ツアー最多16人の初優勝選手を輩出している今大会から、今年もニューヒロインが生まれる可能性は高いといえそうだ。

■主な上位選手順位

上位選手の主な順位は以下の通り。

1位タイ / 4アンダー / 後藤未有、仁井優花
3位タイ / 3アンダー / 神谷そら、荒川怜郁、川岸史果
6位タイ / 2アンダー / 安田祐香、上田桃子、岩井千怜、佐藤心結、権藤可恋

山内日菜子、山下は1アンダー11位タイ。小祝さくら、鈴木愛はイーブンパー21位タイ。ディフェンディング・チャンピオンの高橋彩華、2週連続優勝を狙う岩井明愛は1オーバー31位タイにつけている。

Advertisement


◆距離が伸び続けるフジサンケイレディスクラシック、優勝は今年もショットメーカーか…

◆岩井明愛が逆転で初優勝、双子Vはツアー史上初 KKT杯バンテリンレディス最終日

◆山下美夢有が今季初V、岩井千怜との激戦制す 富士フイルム・スタジオアリス女子オープン最終日

文●河野道久