【MLB】鈴木誠也、完全復活・173キロ先制レーザー弾で打率.370 チーム大勝に貢献

 

【MLB】鈴木誠也、完全復活・173キロ先制レーザー弾で打率.370 チーム大勝に貢献
カブスの鈴木誠也(C)Getty Images

シカゴ・カブス鈴木誠也は21日(日本時間22日)、本拠地リグリー・フィールドで行われたロサンゼルス・ドジャース戦に「4番右翼」でスタメン出場、4打数2安打2打点と4試合連続安打で打率を.370とし完全復活を印象づけた。

◆【実際の映像】大谷翔平応援団長ベン・バーランダーも「鈴木誠也のレーザー弾」と興奮

■7戦で6安打と絶好調

鈴木は1回1死二、三塁で回ってきた第1打席、粘りに粘り相手先発フリオ・ウリアスの8球目を強振。左中間を破る2点タイムリー・ツーベースとなる先制打とした。これには実況も「107.3マイル(約173キロ)。レーザー弾ツーベースだ」と興奮。先制点に歓喜した。

5回無死一塁の第3打席でも、中前打を放った。

鈴木はキャンプ中、左脇腹を痛めワールド・ベースボール・クラシック(WBC)も辞退、開幕も出遅れた。だがメジャー復帰後は7試合中6戦で安打を記録。この日も4打数2安打2打点1四球で、13ー0の勝利に貢献した。

◆【実際の映像】大谷翔平応援団長ベン・バーランダーも「鈴木誠也のレーザー弾」と興奮

◆【実際の映像】鈴木誠也、メジャー復帰初戦で放った172キロ弾 実況も「おかえり」と復帰歓迎

◆鈴木誠也、復活“第1号”172キロ弾 メジャー復帰に「おかえり、セイヤ!」と実況も歓迎

文●SPREAD編集部

Advertisement