Advertisement

【天皇賞・春/脚質傾向】タイトルホルダーは“逃げ”なら黄信号 前走惨敗の馬に再浮上の余地

 

【天皇賞・春/脚質傾向】タイトルホルダーは“逃げ”なら黄信号 前走惨敗の馬に再浮上の余地
[天皇賞・春]過去8年の脚質傾向

30日に京都競馬場で行われる第167回天皇賞・春(GI、芝3200m)の過去データを紹介する。

連覇へ向けて前走・日経賞を圧勝したタイトルホルダー、阪神大賞典で重賞2勝目を飾ったジャスティンパレス、GI2着2回のシルバーコレクター返上を誓うボルドグフーシュ、ドバイGIII・レッドシーターフHを制したシルヴァーソニックなど、トップステイヤーたちが揃った。

ここでは過去10年のうち、阪神開催の直近2年を除く、過去8年のデータから予想のヒントになる「脚質傾向」を分析していく。

◆【天皇賞春2023予想/追い切り診断】タイトルホルダーを上回る「S」の最高評価 「絶対王者を下すなら」

■3角3番手以内は伏兵の好走例あり

PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン

過去8年、逃げ【1.0.0.8】、先行【3.6.4.15】、差し【3.2.4.51】、追込【1.0.0.34】と、先行と差しが3勝、逃げ・追込は1勝。しかし追込での勝利は2015年のゴールドシップのみ。この時はスタートから2角までは後方14番手に待機していたが、1周目の向正面で一気にマクり、3角手前では4番手まで上げての勝利。実質、前有利の傾向にある。

[天皇賞・春]過去8年の脚質傾向

先行が馬券内を外したのは2014年の一度のみ。特に3角3番手以内の場合【4.3.1.19】複勝率29.6%、なかには伏兵の好走ケースもあり、2020年には11番人気のスティッフェリオが好位追走で2着に入線。先行押し切りを得意とするジャスティンパレスディープボンドはデータ上推奨でき、菊花賞を道中2番手から押し切ったアスクビクターモアも、前走で後手を踏んだスタートさえ決めれば、再浮上の余地がある。

逃げは2016年のキタサンブラックのみが優勝し、以外は掲示板にすら残ったことがない。2度の坂越えがあり、最後は3~4角からのロングスパート戦になりがちの京都芝3200mを逃げ切るのは困難ということか。今回、タイトルホルダーの他に、アフリカンゴールドディアスティマなど前に行く馬が多く、序盤から速いラップを刻む可能性が高い。番手に控えて4角以降で脚を温存したいところ。

最後に差し・追込の場合、上がり最速クラスの末脚が必要となってくる。差し3勝のうち、2勝は4角7番手と11番手からの上がり最速で差し切り。残り1勝は4角5番手から上がり最速と0秒3差の末脚で勝利している。また、4角12番手以降の場合は馬券内に届かず、好走には最速クラスの末脚と4角地点でのポジション取りがカギを握る。

Advertisement


◆【天皇賞春2023予想/データ攻略】“想定10人気”以下に激走警報 連対率60%の名手で大駆けに期待

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】タイトルホルダーらの“内枠+先行”は好相性 人気以上に走る「好枠」には……

◆【前走ローテ】ジャスティンパレスが“絶対条件”クリアも、前例なき臨戦過程に刺客

◆【脚質傾向】タイトルホルダーは“逃げ”なら黄信号 前走惨敗の馬に再浮上の余地

◆【人気傾向】歴史的名馬も“ぶっ飛ぶ”鬼門の1人気 3年連続3着の4人気に警戒

天皇賞・春2023予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】前日“8人気”前後の伏兵 「前走以上の上昇度で勝負圏内」

Advertisement


◆【穴馬アナライズVol.2】単勝オッズ“2桁”の盲点 「馬場が渋れば人気以上の期待値」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定“6人気”前後の妙味 「人気落ちの今こそ買いの判断」

◆【危険な人気馬】菊花賞の好走馬は“消し” 「実績が大いなるネック」

▼騎手データ
◆【騎手データ】伏兵に騎乗のベテランは穴候補 条件合致で複勝率100%の2人に注目

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】想定“8人気”が重賞馬を上回る高評価 「素質馬が能力全開」

◆【追い切り診断】タイトルホルダーを上回る「S」の最高評価 「絶対王者を下すなら」

◆【追い切り診断】前走快勝の人気一角は辛口「B」評価 「逆転される可能性」

◆【追い切り診断】ジャスティンパレスを超える高評価「A」 「昨年以上の調整過程」

▼データ攻略
◆【データ攻略】“死角の少ない”ハイレベルな4歳馬に「4.0.1.0」 GI制覇への準備は整った

◆【データ攻略】上位人気の4歳馬に「2.1.2.0」 新・京都での“鬼脚炸裂”を警戒

◆【データ攻略】“想定10人気”以下に激走警報 連対率60%の名手で大駆けに期待

◆【データ攻略】人気落ちの実力馬に逆襲の予感 「2.2.0.2」の“経験値”がGI初Vへ導く

◆【WIN5予想】メインとスイートピーSは前走完勝馬で「一点突破」 荒れる京都10Rは”想定2桁”も押さえ高配当狙い

▼血統傾向
◆【血統傾向】前走敗戦から“V字”巻き返しの予感 「6.8.3.18」で信頼の軸候補にプラス要素

◆【血統傾向】馬券内率“6割”超の重賞未勝利馬に注目 多頭数のレースで波乱を巻き起こす

文●SPREAD編集部


PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン