【女子ゴルフ】ルーキー神谷そらが単独首位、1打差に連覇狙う高橋彩華 フジサンケイレディスクラシック2日目

 

【女子ゴルフ】ルーキー神谷そらが単独首位、1打差に連覇狙う高橋彩華 フジサンケイレディスクラシック2日目
2日目でトップに立ったルーキーの神谷そら(C)Getty Images

女子ゴルフの国内第8戦・フジサンケイレディスクラシック(静岡県・川奈ホテルゴルフコース 富士コース / 6457ヤード、パー71)は22日、第2ラウンドを行い、ルーキーの神谷そらが5バーディ、2ボギーの68で回り、通算6アンダーの単独首位に立った。1打差の5アンダーにディフェンディング・チャンピオンの高橋彩華がつけた。

◆後藤未有、仁井優花が首位タイ発進 フジサンケイレディスクラシック初日

■神谷の初優勝か、高橋の連覇か

この日も多くの選手が高麗グリーンにてこずり、スコアが伸び悩むなか、ひとり次元の違うゴルフを見せたのが、1オーバー31位タイで出た高橋だ。

前半3バーディ、1ボギー、後半4バーディ、ノーボギーの65。この日のベストスコアで、通算5アンダーまで伸ばし、クラブハウスリーダーとして後続を待つ形となった。

一方、首位と1打差3アンダーの3位タイで出た神谷は、2番でボギーが先行したものの、4番パー5でアプローチをベタピンに寄せ、難なくバーディ。8番、ピン奥2メートルからの下りのスライスラインを強めに打ってバーディとし、2バーディ、1ボギーで折り返す。

後半10番パー3で、約8メートルの下りのフックラインを読み切って、幸先よくバーディ。さらに12番で、約2メートルのフックラインを沈め単独首位に立つ。15番はボギーとしたが、続く16番パー5でバウンスバックし、再びトップに立つと、難しい17番、18番でパーをセーブし、単時首位を守って2日目を終えた。

神谷が初優勝を飾るか、高橋が連覇を達成するか、それとも後藤未有、野澤真央、安田祐香らが逆転で初優勝をもぎ取るか。難コースの川奈だけに明日、何が起きてもおかしくない。

■主な上位選手順位

上位選手の主な順位は以下の通り。

1位 / 6アンダー / 神谷そら
2位 / 5アンダー / 高橋彩華
3位タイ / 3アンダー / 新垣比菜、岩井千怜、後藤未有
6位タイ / 2アンダー / 野澤真央、上田桃子、安田祐香

Advertisement


ささきしょうこは1アンダー9位タイ、鈴木愛はイーブンパー16位タイ、吉田優利、岩井明愛、金田久美子、小祝さくらは1オーバー23位タイにつけている。

なお、有力選手のうち、菅沼菜々、青木瀬令奈、穴井詩、原英莉花、川﨑春花、藤田さいき、申ジエ(韓国)は予選落ちとなった。

◆安田祐香、菅沼菜々らの初優勝に期待 フジサンケイレディスクラシック

◆距離が伸び続けるフジサンケイレディスクラシック、優勝は今年もショットメーカーか…

◆岩井明愛が逆転で初優勝、双子Vはツアー史上初 KKT杯バンテリンレディス最終日

文●河野道久