Advertisement

【MLB】吉田正尚、大復活の咆哮 8回に勝ち越しソロと特大満塁弾「ダンベルをぶっ壊せ」と公式もパワーに驚愕

 

【MLB】吉田正尚、大復活の咆哮 8回に勝ち越しソロと特大満塁弾「ダンベルをぶっ壊せ」と公式もパワーに驚愕
8回に満塁弾を放った吉田正尚 (C) Getty Images

ボストン・レッドソックス吉田正尚は23日(日本時間24日)、敵地で行われたミルウォーキー・ブルワーズ戦に「4番左翼」で先発出場、ここまで打率1割台と苦しんでいたが、この日は2本塁打6打点と大爆発、12ー5の大勝に貢献した。

◆【実際の映像】吉田正尚、2者連続の勝ち越し弾となる今季2号

■15年ぶりとなる1イニング2本塁打

吉田、復活の咆哮は8回だった。3ー4と劣勢で迎えたが、先頭のジャスティン・ターナーがいきなり同点弾を放つと、続く吉田も1ー2から投じられた4球目のカーブを叩き打球は右翼スタンドへ。2者連続本塁打で一気に勝ち越しとした。

この後、レッドソックスは打者一巡の猛攻で8ー4。さらに二死満塁としたところで再び吉田にまわると、0ー2と追い込まれながら4球目のスライダーを捉え、これも右翼2階スタンドに叩き込む満塁弾となった。これは124メートルの特大弾だった。

1イニング2発は2008年8月12日デイビッド・オルティス以来、球団15年ぶりの快挙。これには球団公式SNSも「ダンベルをぶちこわせ」と吉田のパワーに驚愕の投稿だ。

吉田は3日(同4日)、本拠地でグリーンモンスター越えのメジャー初ホームランを放ったものの、ここまで変化球に苦しめられ打率1割台と低迷。しかしこの日はカーブとスライダーをスタンドまで運び、大復活。これで4試合連続安打。打率も.231とした。

◆【実際の映像】吉田正尚、球団15年ぶりとなる1イニング2本塁打は2階席への特大満塁弾

◆5月復調なるか、吉田正尚が迫られるハイレベルな変化球対策

◆前田健太 vs. 吉田正尚の侍対決は不完全燃焼 WBC打点王は22打席ぶりヒット2打点、マエケン緊急降板

Advertisement


文●SPREAD編集部